takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

ハドソン川の奇跡

f:id:take-yutaka:20170923030456j:plain

 

2016年 米 

監督 クリント・イーストウッド

主演 トム・ハンクス

 

名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。(映画COM)

 

監督クリント・イーストウッド、主演トム・ハンクスということで

見る前の期待値はそうとうに高かった作品ですが、鑑賞直後の率直な感想は

‟その割にはもう一歩物足りない“という印象でした。

うまくまとまってはいるんだけどな・・・とそんな。

あくまで期待値が高すぎたから、‟その割には“という意味で、決して否定的な意味ではないんですよ。

少なくとも、私的2017年アカデミー賞候補にはノミネートできる作品です。

 

!!!!!!ネタバレ含む領域です!!!!!!

 

はじめは安全委員会が嫌な人たちに見えました。

現場の状況も知らないくせに悪と決めつけ疑い犯罪者扱いしてくる。

しかし機長サリーは、「このやろう‼」と委員会に反発することなく

本当に自分の決断、判断に非はなかったか、と自問自答し続けるんです。

ここがいいです。

単に主人公(機長サリー)正義VS安全委員会、悪

というよくあるハリウッドの‟B級英雄賞賛もの“の図式にしていないんです。

主人公がもしかして悪かもしれない・・

と劇中のサリーも暗中模索しつづけ、観客の私たちもハラハラさせられます。

結局、サリーは自分の判断の正当性を証明することに成功します。

なんだ、やっぱり‟英雄賞賛ものじゃないか“という終わり方・・

 

!!!!!!!ネタバレ領域終了!!!!!!!!

 

だったのが、

鑑賞直後に感じた「もう一歩物足りない印象」の要因だと思います。

しかし、映画鑑賞後しばらく、余韻を楽しみながら内容を反復していくうちに

安全委員会の人たちも、あれはあれで良かったし最善を尽くしたんだ、

と思えてくるんです。

みんなが事故調査に真剣に取り組んだんです。

サリーも、もし誰からもなんの疑いもかけれず、ただ英雄として賞賛されるだけだったら、その後、驕り高ぶった機長になっていたかもしれない・・・。

 

どんなに成功したとしても、結果良ければそれでよしと有頂天になるのではなく、本当にそれでよかったのか?もっと他に良い方法は無かったのか?と、自分の判断を疑い、迷い、検証する謙虚さは必要だな・・そういう人間でいたいな・・・。

 

そんなことを考えさせられた作品でした。

 

そしてそこには監督クリント・イーストウッドの意図的な仕掛けがあるのだと思います。

親鸞  五木寛之

f:id:take-yutaka:20170917015155j:plain

青春篇上下巻 激動篇上下巻 完結篇上下巻

講談社文庫全6巻読了

 

力強い作品だった。

まともに向き合えば、一生かけても答えの見つからない

まさに禅問答のような堂々巡りの底なしの海に、何度も引きずり込まれそうになった。

引きずり込まれそうになっては、みずからあえて距離をとって、掴まれた手を振りほどき

海面を目指して浮上しようともがく。

そんな作業の繰り返しだった。

正直、ちょっと疲れた。

それだけ、力強い作品だった。

結局、一番強く心に残っているのは

青春篇上巻冒頭、幼少期の親鸞(忠範)が出家して仏門に入る際、河原で知り合った

ツブテの弥七に、石ころと共に送られた言葉

 

───もし、運よく物事がはこんで、自分がなにか偉い者ででもあるかのように驕りたかぶった気持ちになったときは、この石を見て思い出すことだ。自分は割れた瓦、河原の小石、つぶてのごとき者たちの一人にすぎないではないか、と。そしてまた、苦労がつづいて自分はひとりぼっちだと感じたときは、この河原の小石のようにたくさんの仲間が世間に生きていることを考えてほしい、と。弥七はそのように申して、これを忠範さまに渡すようにと頼んで消えました。そうそう、もう一つ。なにか本当に困ったときには、どこか

にいる名もなき者たちにこの小石を見せて、弥七の友達だといえばいい、と────

 

五木さんの作品には全体的に〝驕りたかぶり〞を戒める気配がある。

人は質素に、つつましくあるべきだという、その考え方は、少なからず僕の人生観に影響を与えた。

日本のサラリーマン社会に生きていると、

『目標を立ててそれを達成すべし』

『昨日より今日、今日より明日、と日々少しでも成長すべし』

と、口酸っぱく言われ続け、僕もそのように生きた。

前を向いて前進し続けなければ、そういう努力をしない者は人間にあらずという扱いを受け、いつしか、自分もそう思うようになる。

若手社員を『あいつらの世代はつかえない』などと思ったり、実際口にしたり。

それは『驕りたかぶり』につながるのではないか。

では、この書にもある『他力本願』とはなにか。

なにかを自ら望み、努力し、叶えようとすることはいけないことなのか。

そんな堂々巡り。

 

もっとたくさん・・・書き出したら果てしない長文になりそうなので、

今回はこれ以上語りません。

そんな堂々巡って、冒頭のあの弥七の言葉に戻るわけです。

 

天空への回廊  笹本稜平

f:id:take-yutaka:20170911044425j:plain

───エベレスト山頂近くにアメリカの人工衛星が墜落。

雪崩に襲われた登山家の真木郷司は九死に一生を得るが、親友のフランス人が行方不明に。真木は親友の捜索を兼ねて衛星回収作戦に参加する。

ところが、そこには全世界を震撼させる、とんでもない秘密が隠されていた───

(光文社文庫カバー裏より)

 

この人工衛星のとんでもない秘密──

前半4分の1も読んでないあたりで、あっさり明かされます。

「えっ!いいの?」と思っているとまた新たな秘密が現れ、それがまたあっさり明かされ、また新たな謎が生まれる・・という具合に非常にテンポよく、読む手を休ませてくれません。結局最後まで一気読み。久しぶりに楽しいひと時を過ごしました。

しかし───

残念なのは世界を大きく広げすぎなところ

某ハリウッド映画「アル〇ゲ〇ン」を思い出してしまいました。

一人の登山家の手に世界の命運がかかっているとか

大統領との通信とか

せっかく山岳小説としてはとてもリアルに描かれているのに

冒険小説的部分が話広げすぎてかえってチンプな印象に・・・。

主人公の真木郷司の人物造形も深みがなく、(若い設定であえてかもしれませんが)

いちいちアメリカの体制に突っかかる感じは、どうも好きになれませんでした。

結局は、「怒涛の展開」だけに

力が注がれた作品のような気がします。後に残るものは何もない・・・

されど

読んでいる間の一時でも楽しい時間を過ごせる作品というのも、なかなか貴重です。

時間と金を返せと思う作品もごまんとありますから。

そういう意味でも本作は、極上のB級エンターテイメントとして

それなりに楽しめる作品だと思います。

 

あとは、みなさんが

人生観・価値観を変えるような新しい発想。

こんな人になりたいなあ、とマネしたくなるようなキャラクター。

心震える言葉や思い。

を見いだせればA級、S級作品になると思いますが。

そういうものが僕には見いだせなかったのでした。

楽園のカンバス  原田マハ

f:id:take-yutaka:20170830004727j:plain

マハさん作品読むの2作目です。

1作目は「本日は、お日柄もよく」で感想はイマイチ。

結論から言いますと本作品のほうが断然よかったです。

あくまで僕の好みですが。

 

ニューヨーク近代美術館のキュレーター補佐、ティム・ブラウンはスイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのはルソーの名画「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋鑑定した者にこの絵を譲ると告げる。ただしX線調査などはせず、ある古書を読むことによって判断せよというものだった。7章からなる古書を1日1章づつ読み7日目に講評をして決めると。ライバルは日本人研究者、早川織絵。

 

ジャンルで言えばミステリー小説ということになるのでしょうか

美術ミステリー。

ある1枚の絵についての真贋の謎を解く話ですから

その絵の持ち主の富豪は都市伝説的謎のベールに包まれた名画コレクターだったり、

その絵を手に入れようとつけ狙う謎の勢力が接触してきたり、

殺人事件こそ起きないけれど、スリリングな極上ミステリーと言えるでしょう。

殺人事件が起きない

という事がまず僕にとっては大きな価値ある作品です。

僕は殺人事件ミステリーが極端に嫌いです。

本に限らず、映画、ドラマのジャンルにおいても殺人事件ミステリーは生まれてから

これまでまともに見たことがないといっても、過言ではありません。

これはもう生まれつきの体質といっていいでしょう。

後付け的に理由を考えるなら

謎解きゲームのために人を殺すのが(作家目線で考えて)とても

不謹慎な気がするからです

ましてや女子大生が温泉につかりながら楽しげに殺人事件を推理する話なんて

聞いただけで受け付けません。

 そういう観点から本作は

殺人事件のない数少ない気品に満ちたミステリー小説だと思います。

 

恋愛ドラマとしても、なかなか奥ゆかしさがあって好きなタイプの話です。

ルソーという画家の極めて限定的な専門研究者であるティムと織絵。

途中の見解を話し合いたいのは山々

しかし大っぴらに手の内を明かすわけにはいかない

立場は真贋鑑定のライバルですから。

スイス、バーゼルの夜の街並みを散歩したり

動物園で気晴らししたりしながら、ぽつぽつと話し合う中で

研究者として、人として通じるものがある。

直接的な恋愛的行動はありませんが

それが余計にエロティックでもあり

大人の静かな恋愛が素敵に描かれていると思います。

 

 

また古書に描かれている話はルソーと「夢」に描かれている裸婦のモデルである

ヤドヴィガの話。

はじめは「謎の古書」と言う割には子供の絵本のような語りくちに

?と違和感を感じましたが

こちらもパリの下町を舞台に人妻ヤドヴィガと老人ルソーの微妙な関係がまさに「夢」のごとく叙情感たっぷりに描かれ、後半はその絵本的で稚拙な物語にすっかり引き込まれ

最後は胸を打たれました。

 

というわけで私的評価 星3.5点(5点満点)

 

人それぞれ本に求めるものは違うと思いますが

僕はテーマ性というか新しい価値観、人生観を揺るがす何か

を求めるところがあり

その点はあまり感じるものがなく、若干物足りないところでした。

 

殺人事件ミステリー好きの方々へ

 

気を悪くされたら申し訳ありませんでした

好みは人それぞれということ

重々承知の上で

せっかくこういうグループなので

好みを語らせていただきました。

 

昨今のエンターテーメント業界、殺人ミステリーの席巻が目立つことに

アンチ派としてちょっと物申したい気持ちもあって・・

まあ、弱小派閥の負け犬の遠吠えと思ってください。

 

本日は、お日柄もよく  原田マハ

f:id:take-yutaka:20170821025255j:plain

フェイスブックの読書グループで紹介されていたので興味を持ち

「何度も泣きました」「言葉の持つ力に感動」「元気が出るお仕事小説」

との帯に心ひかれ文庫購入しまして。

原田マハさんの本。はじめて読みました

私的感想。結論から言うと「う~ん」星1.5点。(5点満点)

スピーチライターの話です。

 

───OL二ノ宮こと葉は、想いを寄せていた幼馴染、厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。

ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説───

 

 との背表紙のあらすじを読み、

伝説のスピーチライターの祝辞?涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチ?

と、期待を胸にワクワクと読み進めたのですが・・

まずそのスピーチが僕の心には何ら響かず、よくある眠いスピーチにしか感じられなかったのです。

その前に一つどうも作品に入り込めない引っかかり要因があって

その時点でちょっと否定的な目線になっていたのかもしれませんが。

その引っかかりとは、冒頭幼馴染の結婚式のシーンから始まるのですが

主人公はその会場のホテルを2流と揶揄し、おばあちゃんも2流といい、久遠久美も2流といい、他にも何人か・・要するにみんなが2流というわけです。

主人公は密かに想いを寄せていた幼馴染の結婚式なわけですから

ヤサグレてる感じでそういうのは分かるんですが、他の人が何人も、かりにも結婚式の会場を口をそろえて2流2流と揶揄するのは不自然に感じ・・・。

ああ、この人(作家さん)は結局自分の考えを登場人物に言わせちゃう人で、登場人物がそれぞれの人格を持って作中に生きていない。ただの作者の腹話術人形になっちゃってる人かなって・・・。

 キャラクターが立っていない。

 言葉尻、話し方はそれぞれ変えているけど、中身はみんなマハさん・・・。

 

スピーチライターが実際どういう仕事なのか良く知りませんが、政治家のスピーチライターになる場合、政策秘書とは違うわけで、スピーチライターが自身の政治観を表に出すのはいかがなものかと思いますよね。そこはむしろあえてドライに徹するべきで。

まるで影のフィクサーのごとくスピーチライターが政局を左右するような描き方をしているのは「う~ん」です。

作者自身民主党寄りのお考えなのか、「郵政民営化」とかなり具体的に描き、小泉政権時代の自民党を批判しており、まあそれはいいのですが、その批判もワイドショーのコメンテーターの域を出ていないのが「う~ん」です。あまりリアルに政治的な思想を描くのもどうかと思いますし、どうせかくなら、作家としてなるほど、そうういう見方もあるかと何か新しい切り口を見せてくれればまだしもですが・・。

そんなわけで星1.5点です。ほぼイイところなしです。

1つイイところを上げるなら、最後、久遠久美がこと葉の結婚式で披露した祝辞です。

結婚式のスピーチとしてはタブーとしていた「本日は、お日柄もよく」というまくら言葉。

あえて織り込んだ短くシンプルなスピーチ。

あとがきを読んで知ったのですがこの作家さん美術関係が専門で真骨頂は

「楽園のカンヴァス」にあるようで

次はそれを読んでみてからこの作家さんの評価を判断したいと思います

 

ちょっと偉そうな厳しい批評になってしまいましたが

この話ネット上で調べるとかなり評価高くて、

「え!ほんとに?」

という思いが募り、本音むき出しでついつい辛口になってしまいました。

SNS上であまりネガティブなことは書かないほうがいいという空気ありますけど

僕はそれは危険な気配を感じます。

まるで戦前の情報統制のような事、自主的にやっているような・・・

「君の名は」や「ポケモンゴー」など

本当にそんなに面白いの?

みんながイイって言ってるから、あえて茶々入れる必要ないし

みたいな事で否定的なこと誰も言えなくなり

ますます過剰評価のウエーブが大きくなり

みんなが一つの方向に突き進むという

それがもし戦争だったら・・・

今の世界情勢ではそんな危惧も現実味を帯びてきて・・

空気に便乗せず、自分の意見をしっかり言っていきたいと思います。

 

「バカ」とか「死ね」とか中身のない誹謗中傷はいけませんがね。

 

ドクターギャング~ろくでなしの恋~  韓国ドラマ

f:id:take-yutaka:20170811014309j:plain

ちょっと古い作品ですが今だにこの作品を超える韓国ドラマなかなか出てきません。

好きな韓国ドラマ2位タイの作品です。

いわいる美女と野獣系です。

野獣といっても心やさしい無口なヤクザと女医の恋の話です。

パワフルにワーワーまくしたてる演技の多い韓国ドラマ界においては珍しく

無口でシャイな男のカンダルゴ(ヤン・ドングン)がイイです。

 

───ヤクザとなって怪我をしたダルゴ(ヤンドングン)はその搬送先の病院で、女医となっていた高校の同級生で初恋の女ユナ(ハンガイン)と再会する。ダルゴはすぐにユナに気づくがユナはダルゴが同級生とは気づかない。気づいたダルゴもすぐに声をかけずほとんど何も言えず、おとなしく普通の患者のようにふるまう。回復後もダルゴはユナが気になるが、無口で声はかけられず、退勤を待ち伏せては、後をつけたりして、気づくとストーカー状態になったりしている───

 

まず、このくだりがイインデス。

たいていのラブコメは出会ったばかりでいきなり「なにさ!」「なによ!」と喧嘩を始め、最悪の出会いがいつしか恋心に変わり───

みたいなパターンが多いですが、僕はあのはじまり方されるともう興醒めしちゃうんです。

「喧嘩するほど仲がいい」とよく言いますが出会ったばかりの男女がいきなり喧嘩するというのはどうも不自然ですし、今回のように高校時代の同級生と数年ぶりの再会にしても、まあ、出会ったばかり(再会したばかり)で、いきなりマシンガントークで喧嘩するなんてのは駄作のレッテル貼りますよ、それだけで。

その点この作品は斬新な始まりかたで、1話からすぐに引き込まれました。

ただヤンドングンの外見が・・あれで、何もしゃべらず、ただストーカー的に後を付け回すシーンがはじめ3~4話までつづくので、女性は生理的にちょっと・・と思ってしまうのかもしれません。古いので演出的にはややチープなところがあり1・2話で挫折の人も多いかも知れません。

しかし我慢して3・4話まで見るとジワジワ良くなってきて不細工だったダルゴがカッコよく見えてくるんですよ・・・これが。

基本的にはシリアスなドラマですが、気取った感じや無駄にダーティーぶってる感じも無く、ダルゴの容姿や行動か滑稽でコメディ要素もありながら、安っぽいコメディとは違った悲哀が全体的に漂っていて、なんか引き込まれるんです。

f:id:take-yutaka:20170811015114j:plain

復讐、ドロドロ要素はほとんどなく、足を洗いたくてもなかなか切れないヤクザとしての因果、刑事の妹であるユナとの因果、が二人の恋の障壁となるんだろうなーという切ない雰囲気が終始漂います。

あまり伏線を張らず、サスペンス路線に走らず、二人の恋の話に焦点を絞ってる感じがまたイイです。

無口な男なんで、言葉ではなく、いろんな、不器用な行動で愛を伝えようとする感じが胸を打ちます。

はたして二人の恋の運命は───

 

けっこう古いドラマですが、意外と他に類似作のない、オリジナリティー溢れる作品です。

 

女優さんは「太陽を抱く月」のハン・ガイン。若くてかわいいです。

どちらかと言えは男性向けですかね・・やはり

f:id:take-yutaka:20170811015232j:plain

f:id:take-yutaka:20170811015307j:plain

レインツリーの国  有川浩

f:id:take-yutaka:20170802014254j:plain

はじめて読む作家さんです。

女性作家さんだったのですね・・・・。

 

率直な感想は「なるほど最近のトレンド作家さんだな」

僕が思う「最近のトレンド」とは

主人公の「成長」が描かれていること。

しかし実は僕、この「成長」タイプの話、あまり好きじゃないんです。

主人公の「成長」が描かれるということはつまり、序盤から中盤にかけては

主人公は弱点、欠点、未熟要素を抱えてるわけです。

そういう主人公が後半にどう変化成長していくかが描かれるわけですけど・・

僕の自論では

 

「人間は生まれた時にすでにおおよその人格は出来上がっている」

 

のです。

もちろん100%完成しているとは言いません

技術的な事、スキル的な事は、生まれたときとは比べようもなく「成長」しますし

人間関係や、コミニケーション力などもそうですが

 

「本質的な人格は、人間性の根本はそう変わらない」

 

と思うのです。

この本質的な部分で大きな欠落がある人は、後でどうあがいても結局変わりはしない。

と思ってしまうのです。

 

そういうわけで、ドラマや映画、小説の主人公は

「カッコいい、こんな人になりたいと思える存在」

タイプの話のほうが僕は好みなんです。

少々の欠落はあってもいいのですが、あるボーダーラインを越えて欠落したらもう

後からどんなにフォローをされようがその人を一生信用できない

レッドカードがあるんです。

この話の主人公伸行には少なくとも3枚のレッドカードを渡しましたよ、僕は。

1枚目はエレベーターのシーンでの言葉。

重要なネタばれになるのであえて細かいことは書きませんが

読んだ人なら分かるのじゃないでしょうか

ある意味度肝を抜かれた言葉です。

僕にはあんな発想ありませんから

「ええ!!何のこと言ってんの」

と3回ぐらい読み返してようやく言葉の意味は理解しましたが

あそこであれを言う気持ちは到底理解できませんでした。

後で、ひとみさんを突き飛ばしたカップルを

ひとみさんが「ああいう人たちは、宇宙人か何かで、同じ人間とは思わないことにしてるの」

と言いますが

僕にはこの時の伸行が「同じ人間」とは思えませんでした。

2枚目は「とことんケンカしようや」発言

これは男としては気持は分からなくもありませんが

僕も若いころはこういう事言ったり、今だ例えばこういうSNS上でも

「もっと突っ込んで熱いバトルしようや」と思う事もありますんで

これはイエローぐらいでもいいとも思いますが

女性に対しては禁句でしょ。女性の方どうです?

ひとみさんの立場考えればレッドでしょう?・・・と思うのですが。

3枚目はこれが一番許せませんが、親とのトラウマの話をかぶせたことろ

人間が小さすぎる。

後で反省し「俺も20代半ばの若ぞうやから」と言い訳してたけど

年齢は関係ありません。

若くてもこんな事言わない人は言わないし、言う人は40歳になっても50歳になっても言うのでしょう。

ケンカして、分が悪くなった時の切り札として、こういう人は一生この事を言い続けると思いますよ。

そんな訳で、僕の中ではとっくに切り捨てていた伸行を見捨てずにいた、ひとみさんは本当にかわいらしいですね。作中の伸行も言ってましたが。

そしてなによりも、こういう男の主人公に、愛情を持って描いているのが女性作家さんというところも僕の中では驚きでした。

結局、あえて男性をターゲットにした男性向けのファンタジーなのかな・・

 

有川さんファンの方、気を悪くされたら申し訳ありません。

僕の個人的好みと感想ですので、お許しください。

 

場違いなおじさんが勝手に紛れ込んでブチブチ文句言ってしまいました。

 

ひとつ良かったところは

「フェアリーゲーム」の主人公と信行とひとみの現実が最後リンクしたところは

なるほど「うまい!」と思いました。

 

同時に「空の中」購入したのでそれ読んでからこの作家さんの評価は考えます。

 

 

余談ですが

僕が中学生から高校生にかけての頃

シティーハンター」と「タッチ」

漫画単行本全巻揃え、何度も読み返すほど好きでした。

この2作品の主人公は最初からキャラほとんど変わらないんです

冴羽寮も上杉達也も初めから最後まで「包容力」があるんです。そこが好きでした。

女性に対して、決して、自分にどんなに余裕がなくても、声を荒げて攻め立てるようなことはしません。こんな男になりたいと思春期の僕の目標でした。

昔はああいう主人公が多かったと思います。「ルパン」もそうですけど。

 

やはり「エヴァンゲリオン」あたりからですか、

弱い主人公が「成長」する話がもてはやされだしてきたのは。

エヴァンゲリオン」は全くハマりませんでした

あの主人公のうじうじした感じが嫌いでイライラし途中挫折

シティーハンター」を好きになるか「エヴァンゲリオン」が好きになるか。

それはそれこそ生まれつき決まっている人それぞれの好みなんでしょう。