takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

おしゃれ泥棒

f:id:take-yutaka:20190216002909j:plain

製作 1966年 米

監督 ウィリアム・ワイラー

出演 オードリー・ヘプバーン

   ピーター・オトゥール

 

あらすじ

美術品収集家として知られるシャルル・ボネ。実はすご腕の贋作画家で、自分で制作した偽美術作品を愛好家に売るという裏稼業に手を染めていた。一人娘のニコル(オードリー)は父に贋作作りをやめるように忠告するが聞く耳を持たないばかりか、贋作の「チェリーニのヴィーナス像」を美術館に貸し出してしまう。そんなある夜、ボネの屋敷に一人の男が忍び込む。たまたま居合わせたニコルに見つかった男はシモン(P・オトゥール)と名乗る泥棒だった。ニコルは見逃すかわりに、シモンにヴィーナス像を盗み出すように依頼する。

 

 

今回のオードリーはとぼけたキャラクターです。

ファッションセンスや車のセンスがイイのはよく言われているところでしょう。

そこはもう改めて語りません。

僕のツボにはまったのは主人公二人のとぼけた掛け合い。

ベタベタにわざとらしいコメディキャラではない

大人のゆとりとしておバカを演じているようでもあり

本気でおバカなようでもある

冗談なのか本気なのか・・

そのすれすれのラインで綱渡りしてる感じが、なんとも絶妙なんですね~。

それを自然に演じる流石の名優二人。

(リアルにいそうな人として演じている。主人公二人は。

お父さんや、美術館の警備員たちはドリフ的コメディキャラだけど)

 

ストーリーも泥棒エンターテーメントとしてはゆる~い感じが逆に斬新だし

ちょっとしたサスペンスとラストの驚きもあって

なかなかうまくできてると思います。

パリの街並みやファッション、出てくる車もすごくおしゃれですが

本当におしゃれなのは

主人公二人のキャラクターでしょう。

 

ちょっとバカでも、思いやりがある優しい人。

本当は賢くても、バカなふりをしてる人

そういう人こそかっこいいし、素敵だと思います。

f:id:take-yutaka:20190216003025j:plain