takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

「こんな夜更けにバナナかよ」映画感想

f:id:take-yutaka:20191130023015j:plain


製作 2018年

出演 大泉洋

   高畑充希

   三浦春馬

 

あらすじ

札幌で暮らす鹿野靖明(大泉洋)は幼少から難病を患い、体で動かせるのは首と手だけ。介助なしでは生きられないのに病院を飛び出し、ボランティアたちと自立生活を送っていた。夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出すワガママな彼に、医大生ボラの田中(三浦春馬)は振り回される日々。しかも恋人の美咲(高畑充希)に一目ぼれした鹿野から、代わりに愛の告白まで頼まれる始末!
最初は面食らう美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。

(アマゾン商品紹介より)

 

予想通りのお話だったけど

予想以上に心に響く作品だった

美咲ちゃんが良かったな~。

わりとはじめから、変な遠慮も憐憫もなく、一人の人間として

ホンネで接してた。

わがままと正直は紙一重で、そのラインを見極めるのは難しいものです。

僕は自分でいうのもナンですが、まあまあ思いやりある人間だと思います。

子供の頃から人と表立って大きなケンカしたことはほとんどないです。

だけど親友と呼べる人間もほとんどいない・・。

つまんない奴なんでしょう、ホンネをださないから・・。

鹿野は、冒頭からまるで、障害者であることを逆手にとって

わがまま放題で、王様ハーレム状態。言い方も乱暴。

まあ、たぶん実際はもっと大小いざこざはあったでしょう

しかしそれでも

あれだけ多くのボランティアに支えられていたというのは

ひとえに彼の人徳でしょう。

今なら、SNSで呼びかければそこそこボランティア集まったりするようですが

94年当時はそんなのもない時代ですからね。

鹿野が初めから思いやりある態度で、ボランティアたちにいちいち気を使って、

遠慮して、こまめにお礼を言ってるような人だったら、あのチームシカノボラの人間関係は構築できなかったんじゃないかな・・。

この作品から僕の心に響いたのは

わがままと正直は紙一重だけど

ギリギリまでわがまま寄りでいいじゃないかという事

できるだけホンネで人と接し、ホンネで生きようという事。

人に助けられることを恥と思わず、要所ではちゃんとお礼も言えて。

言葉よりも気持ちで感謝の心があれば・・それは伝わるものなんでしょう。

まあ、過剰に影響されすぎてもいけませんが・・・

実際、現実でその兼ね合いの判断は難しいところですからね

 

もう一つ力を入れて描かれていたのは夢をあきらめるなという事

そこは僕としてはどうでもいいんだけど

どうでもいいとは語弊があるか・・・

まあ、映画のテーマとしては平凡で、

言われなくてもそれはそうですよねという事で・・

しかししかし

 

人工呼吸器つけながらまた話せるようになって、自宅に帰って、

カラオケも行って・・・あれも実話でしょ?

だったら本当にすごい人です。

英検やアメリ渡航徹子の部屋出演の夢が叶ったかどうかは

言いませんが

その夢をみることが彼の生きるモチベーションだったという事は

間違いなかったのでしょう。

f:id:take-yutaka:20191130023105j:plain