takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

ヨルムンガンド

f:id:take-yutaka:20180818044153j:plain

大好きな声優さん石塚運昇さんがお亡くなりになりました。

映画の吹き替えなどもやられて、多岐に渡りご活躍されていた方ですが

僕にとってテレビアニメ「ヨルムンガンド」レーム役が大好きでした。

ご冥福をお祈りします。

 

ヨルムンガンド

 

放送 2012年

1期 全12話

2期 全12話

 

―――僕は、武器商人と旅をした。
両親を戦争で失い、武器に関する一切を憎む主人公の元少年兵ヨナは、神の悪戯か、若き女性ウェポンディーラー、ココ・ヘクマティアルと、その部下である「ヒトクセもフタクセもあるが優秀な」私兵8人と世界各地を旅する事になる。

 

まず、武器商人が主人公という設定が他にあまりなくて、いいです。

武器商人と言えば、まあ悪党ですよ。

悪党が主人公の物語はけっこうあるけど、だいたいは「悪党だけどイイ奴」

泥棒だけど人は殺さないルパン。

殺し屋だけど、むやみに人を殺さないシティーハンターとか。

例え、古くてすいません。

さて、それではこの作品のココ・ヘクマティアルはどうか。

女子高生みたいな風貌で、いつもニタニタ笑っている。8人の仲間たちも全く殺伐とした雰囲気はなくトボケたジョークを言い合っています。

f:id:take-yutaka:20180818044859j:plain

しかし、行く手を邪魔するものは容赦なく殺す。

「限りなく黒に近いグレーな奴ら」といったところです。

どっちに転がるか(黒か白か)物語の進行とともに、ハラハラとさせられるんです。

こういうスタンスの主人公、他にないですよ。

アニメとしてはかなり挑戦的でいいです。

この作品で僕が一番好きなキャラクター、レーム(石塚運昇)の言葉

「ああ、でも俺、君の武器商人を恨むってスタンス、イイと思うんだよね。技術を吸収しつつ、ココにも俺らにも飲み込まれねえぞって生き方、ありなんじゃねえ」

序盤でヨナに向かって言ったセリフです。

これ、作者が視聴者に向かって言っている言葉でもあるんです、きっと。

この作品のキャラクターたちに、100%心酔して見ないで、距離をおいて見てねって。

やはりこれはそういった判断のできない子供には見せてはいけない、大人のアニメです。

f:id:take-yutaka:20180818044626j:plain

 

レーム

「やってやられてやりかえして。でも俺がやられた時には、やりかえさなくていい」

 

ネット上のレビューでは「リアルバトル物としては中途半端」との意見が多いようでしたが、

あえてそこを狙ってるんです。ココは白か黒か、8人の仲間たちはイイ奴か悪い奴か、はっきりしない中途半端な状態を、ヒラヒラとキツネに化かされてるか如く、最後までそれを考えさせられるのが面白いんです。

あのココの作画も賛否あるようですが、そんなキツネっぽさ、あえて狙ってるんです、きっと。

f:id:take-yutaka:20180818044747j:plain

 

さて問題のラストについてです。

ネタバレしますので、まだ見てない人はこの先読まないように!!!!!

観てから再度是非読んでください!!!!!

 

 

 

ヨルムンガンド計画の説明は省略します。この先は観た人のみを対象としての話ですので。

僕はココの考え、全面的に反対です。

ヨナは70万人の犠牲が出ると聞いた瞬間、ココに銃を向け、「間違ってると」と言い残し去っていきます。

他の7人は黙って従います。

やっぱりココは、悪党だった!「地球を守るために人類を滅ぼす」みたいな理論を展開するロールプレイングゲームのラスボスみたいなことになってきたぞ。

他の人のレビューではけっこう賛成派もいるようです。

その意見の一つに「もともと悪党だったのに、急に正義っぽい考えになって反旗をひるがえしたヨナが解せない」というものがあります。

ヨナは、「多くを救うために、少ない犠牲は仕方なし」という考えが間違ってると思ったのでしょう。

それもそうですが

僕の意見としては、「一人の独断的考えで世界を変えようとする事」が間違っていると思います

それはどんなに良いと思われる名案であっても、一人の独断で決定することではない。

総理大臣でも、大統領でもそれはしてはならない。

世界平和とは違う価値観を理解しようと努めることでしかなしえないと思うのです。

自分の考えを強引に押し付ける事は、一番の戦争の火種になる事。

ココのしようとしてる事は、平和とは真逆の行為だと思います。

だがしかし

作中でもココが言うように「違う価値観の人間が、少しずつ歩み寄って理解し合う世界なんて、何百年経っても訪れやしない」というのも、また真をついています。

だから、一人の武器商人が、強引に、強制的に、世界平和をもたらす。

そのために70万人の犠牲が出ます。

ハイ悪党ですよ私、それがなにか?

と言われれば、それも一理はあるのかと思えてしまいます。

ヨナが最後、ココのところに戻ったのはそういう事でしょう。

しかし僕は

戦争が無くならず、世界が滅亡するとしても

一人の勝手な価値観で、一人の命を奪う事も間違っていると思います。

 

作者の言いたいことも、アンチテーゼだと思います。

先程紹介したレームの言葉を思い出してみて下さい。

ココの言う事を素直に聞かないでね

飲み込まれねえぞってスタンスで

自分自身できちんと考えてねと。

そう考えるとますます挑戦的で、希少価値あるすばらしい作品です。

f:id:take-yutaka:20180818045039j:plain

耳をすませば

f:id:take-yutaka:20180817012402j:plain

製作 1995年

監督 近藤喜文

 

あらすじ

読書好きな中学生3年生の少女・月島雫は、自分が図書館で借りてくる本の貸し出しカードの多くに「天沢聖司」という名前があるのを見つけ、それ以来、顔も知らない天沢聖司の存在が気になっていた。夏休みのある日、図書館に向かう途中で遭遇した一匹のネコに導かれ、雫は「地球屋」という不思議な雑貨店に迷い込む。やがて店主の孫の少年が天沢聖司であることを知り、2人は徐々に距離を縮めていく。しかしバイオリン職人を目指す聖司は、中学を卒業したらイタリアへ渡ることを決めていた。その姿に刺激を受けた雫は、本を読むばかりではなく、自らも物語を生みだそうと決意するが……。宮崎駿高畑勲の作品を支えてきた名アニメーターの近藤喜文の長編初監督作。98年に46歳で他界した近藤にとって、本作が最初で最後の監督作となった。

(映画COMより)

 

この作品は現代を舞台に人間が主人公のまっすぐでピュアな青春ストーリーです。

こういう普通さ、ジブリ作品の中では他にほとんどないんじゃないかな。

ジブリ以外の作品でもここまでシンプルでストレートな青春ストーリーはか希少です。

深みが無いっちゃ、無いけど・・余計な事考えず爽やかな気分で観れます。

しかし、他の人の感想で面白いのがありました。

その人は、この作品を見ると憂鬱になるんだそうです。

え?と思ってよく読んでみたら、主人公雫のあまりのピュアさに対して、

自分の不純を痛感させられて憂鬱になるんです・・と。

なるほどそれは面白い感想だと笑ってしまいました。

笑っちゃ悪いか・・・。

確かに僕も不純な事、いろいろ考えちゃいましたけど。

しかし、それが普通の感覚で、雫がピュアすぎるんですよ・・。

そこで憂鬱になる必要もないのに・・

この人も僕に比べりゃ立派に純粋ですよ。

 

この作品で特に心に残ったのはじいちゃんの言葉です

 

‼以下ネタバレ含みますのでご注意ください‼

 

じいちゃん

「物語を描くというのは、自分の中に原石を見つけて

時間をかけてみがくことなんだよ」

 

「私、書いてみてわかったんです。書きたいだけじゃダメなんだってこと

もっと、勉強しなきゃダメだって・・」

 

僕も一瞬、作家になろうなんて夢見たことあったので・・

雫のこの感じは痛く響きます。

僕には原石も磨く根気もなかったけど・・・

 

あと、印象的だったのが大学生のお姉ちゃんと、進路についてケンカするところ。

 

「高校 行かない?世の中 甘くみるんじゃないわよ

中学 出ただけで どうやっていく気?」

「自分の進路ぐらい自分で決めるよ!」

「なまいき言うんじゃないの!雫のは ただの現実逃避だよ」

「勉強するのが そんなにえらいわけ?

お姉ちゃんだって 大学入ったらバイトしかしてないじゃない!」

「私は やるべきことはやってるわ

(汐) 今やらなきゃいけないことから

逃げてるのは 雫でしょう!それが分からない?」

「(雫) 逃げてなんかいない

もっと大事なことがあるんだから!」

「大事なことって何よ!」

 

僕が中学生の時は完全に雫タイプ。

学校の勉強なんか社会に出てなんも役に立たない。

学歴社会だから・・とりあえず高校に行っとけば何とかなるという考えは

惹かれたレールの上を歩いているようで嫌だと思ってました。

しかし、大人になればお姉ちゃんの言ってることもよくわかるし。

うちは子供いないけど・・・

お子さんがいるこのグループの皆さんなら・・

こういうやり取り何度もされてるのではないでしょうか・・

僕は、今も昔も、日本の社会は、別に学歴社会ではないと思ってます。

ただ、学校の勉強がある意味「ふるい」だとしても、それを承知で振り落とされないようにするのが学生の本分。そこからドロップアウトすれば、いかに高尚な目的があろうが「根性なし」のレッテルを貼られる。問われるのは学歴ではない。「素直さと根性」。学歴はその指標なんだと。

子供ができたら、そう言ってやろうと思ってたのですが・・

それはどうやら叶わぬ夢ですので・・ここでちょっと語ってしまいました。

 

そしてもう一つ。

圧倒的に突き抜けてるのが、ラスト、聖司が雫に告白するシーン。

 

「俺と結婚してくれないか?」

「うれしい、そうなれたらいいなって思ってた」

「そうか!やったー!雫、だいすきだー」

 

って、ストレートすぎで~~~す。

ここまでくるともう気持ちいいですよ。

ただ・・。

別々の進路に進む二人。初めのうちは頻繁に手紙のやり取りなんかしても・・。

まあ、高校3年間の間に自然消滅が妥当かな・・

なんて思っちゃいました・・ダークサイドな私。

 

そのほか印象的なシーン。

 

雫が住む団地?のエントランスの電灯に蛾がたむろしてるところ。

あったあった!と、思わず笑ってしまいました。

 

杉村と雫の神社でのシーン。

「ニブいわねえ。夕子はねえ、あんたのことが好きなのよ!」

「そんなの俺困るよ」

「困るって、かわいそうなのは夕子よ!」

「だって俺、お前の事が好きなんだ!」

「えっ!」

 

いやいや、こういうのありそうでナイナイ・・

ん?無かったようであったような・・

夜の公園・・ブランコ・・遠い記憶が・・

 

聖司と雫の屋上でのシーン

「雨あがるぞ」

「ほんとだ。わあ あそこ見て! 虹が出るかもしれない」

「うん」

 

こんな純粋な中学生。さすがに昔も今もいませんよ・・・

この作品観て自分の不純さに落ち込むことはないですぞ。

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

f:id:take-yutaka:20180811020020j:plain

製作 2015年 米

監督 ジェイ・ローチ

出演 ブライアン・クランストン

   ダイアン・レイン

   ヘレン・ミレン

   エル・ファニング

 

あらすじ

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリカ。
その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。
やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリアを絶たれた彼には仕事がなかった。
しかし友人にこっそり脚本を託した『ローマの休日』に続き、偽名で書いた別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、再起への道を力強く歩みだすのだった……。

(アマゾン商品紹介より)

 

実話を基に

ハリウッドの脚本家ダルトン・トランボの半生をドキュメンタリータッチに描いた映画です。

ダイジェスト感が強く、エンターテーメント映画としては面白くない作りですが

50年代当時のアメリカの時代背景。

赤狩り」と呼ばれる下院非米活動委員会による共産主義者とそのシンパの弾圧。

彼らの雇用主である映画会社が製作したブラックリスト

復権と引き換えに要求された密告。

そんなことがあったのか・・

と、ほとんど知らなかった僕のような人にはドキュメンタリーと思って観れば、

なかなか興味深いです。

詳しく知ってる人にとっては史実をなぞってるだけでつまらないと感じるかもしれませんが。

 

この映画で特に良かったのは弾圧に対しての戦い方です。

前半は、裁判で、正面から戦います。

しかし、「法廷侮辱罪」などという理不尽な罪で収監され・・。

出所後、後半は、筆で(タイプライターで)戦います。

業界は干されたままですから、名前を捨て、プライドを捨て、

裏に隠れ、安いギャラで大量の大衆作品を描き、

その中に信念をこっそりとちりばめるというやり方で・・。

この戦い方がすばらしいです。

f:id:take-yutaka:20180811020150j:plain

 

価値観の違う人に、自分の価値観をわかってもらうのは簡単ではありません。

ましてや、マイノリティーな価値観を変えたいと、時代を変えたいと思うとき。

ただ声を大にして主張しても反発されるものです。

映画でもそうです。

いかに高尚なテーマがあろうが、主人公がセリフでストレートに叫んでしまうのは

駄作というものです。

それではなかなかみんな聞いてくれません。

やっぱり言い方、戦い方が大事なんですね。

 

最近「未来を花束にして」という映画も見ましたが

あれは戦い方がへたくそだなぁ~と思ってしまいましたけど。

トランボにはもともと脚本の才能があったのが大きな違いですけど・・。

あと、家族の協力があったことも・・。

男としての考え方、生き方に賛否はあるだろうけど、

公然と家族を巻き込んで家族全員で戦ったトランボのやりかた。

僕は支持します。

f:id:take-yutaka:20180811020235j:plain

 

エンドロールで流れた実際のトランボの言葉。

「うちの娘は3歳の時から、・・・・・」

一番、泣けました。

f:id:take-yutaka:20180811020259j:plain

フランス組曲

f:id:take-yutaka:20180807000536j:plain

公開 2016年 英・仏・ベルギー

出演 ミシェル・ウィリアムズ

   マティアス・スーナールツ

 

あらすじ

1940年6月。ドイツ軍の爆撃にさらされ、パリは無防備都市となった。
フランス中部の町ビュシーにパリからの避難民が到着した頃、独仏休戦協定が結ばれ、フランスはドイツの支配下に置かれる。
結婚して3年、戦地に行った夫を待つリュシルは、厳格な義母と大きな屋敷で窮屈な生活を送っていた。
その屋敷に、ドイツ軍の中尉ブルーノが滞在することになる。
心すさむ占領下の生活で、ピアノと音楽への愛を共有する2人は、いつしか互いの存在だけが心のよりどころになっていく。
それは同時に、狭い世界に生きる従順な女性だったリュシルが、より広い世界へと目を向ける転機にもなっていくのだった。

(アマゾン商品紹介より)

 

ドイツ軍将校とフランス人妻の禁断の恋物語

それを、

アウシュヴィッツに送られ亡くなったフランスの女性作家(イレーヌ・ネミロフスキー)が書いたという事が感慨深いですね。

ユダヤ人という集団理論によってアウシュビッツに送られた原作者が、ナチスドイツを集団理論で恨まず公平であろうとし続けた強さに心震えます。

命を懸けた力強いメッセージを感じました。

ドイツ人、ユダヤ人、日本、フランス、アメリカ、北朝鮮、男、女、血液型・・

どんな集団、グループでも十把ひとからげにはできない・・・

結局は個々それぞれ、いい奴もいれば悪い奴もいる

ただそれだけ・・と。

しかしそんな、集団理論を否定しないながら肯定もせず、

集団は良くも悪くも大きな力を生み出す、ということもまた

淡々と描いているところがよかったです。     

 

リュシルとブルーノの儚い恋物語については・・ノーコメント

f:id:take-yutaka:20180807000704j:plain

 

 

‼‼ラストシーンネタバレあり‼観てない人はご注意‼‼

 

ラスト。三人殺しちゃったのがなんとも無念ですね

それにしてもブノア。

こいつの所業がすべての元凶ともいえるんだけど、

最後になって儀母とリュシルが命かけてこいつを守ろうとする・・

なんなんだろうなぁ。

別に理屈で守ろうとしたんじゃないだろうな。

乗りかかった船?意地?勢い?やけくそ?そんなものがいろいろ入り混じって

人生思いどうりにはいかない・・・を描いているのかな。

 

それも原作者の立場に想いはせると・・・

もはや言葉もありません。

f:id:take-yutaka:20180807000742j:plain

 

ミシェル・ウィリアムズ。キレイなんだけど、女の生々しさがあって

神経質な感じで、観てるときはそんなにいいと思わないんだけど・・

しばらく経つとなんかまた観たくなる・・そんな女優さんです。

 

千と千尋の神隠し

f:id:take-yutaka:20180729032225j:plain

公開 2001年

監督 宮崎駿

 

公開当時劇場で1度観たきり、2度目の鑑賞です。

カオナシ、カマジイ、ユバアバ、ハク。

個性的なキャラクターがたくさん出てきてそれなりに楽しめたのは覚えていたのですが

どんなストーリーでどんなテーマだったか、全然覚えてませんでした。

ていうか、元々よくわからない話だったような・・。

今回は、「そこんとこじっくり解明してやるぞ」という意気込みで観ました。

結果から言いますと・・・

惨敗。

今回もやっぱりよく意味わかんない作品でした。

 

あらすじおさらい・・

 

千尋は現代に生きる普通の女の子。両親とともに車で引っ越し先の家へと向かう途中で「不思議の町」に迷い込んだ。店のカウンターにあった料理を勝手に食べた両親は、豚に姿を変えられてしまう。ひとりぼっちになってしまった千尋は、名を奪われ「千」と呼ばれるようになり、その町を支配する魔女・湯婆婆の下で働き始める。千尋湯屋「油屋」の下働きとして働きながら、様々な出来事に遭遇しつつも、謎の少年ハクや先輩のリン、釜爺らの助けを借りて、厳しい難局に立ち向かっていく。はたして千尋は元の世界に帰れるのか・・・・?(アマゾン商品紹介より)

 

まあ、ざっくり、今風に言えば「異世界スーパー銭湯」で働くことになった少女の成長物語ではあるんですけどね・・

 

カオナシの存在で駿さんは何を表現しようとしているのか?

ユバアバが溺愛する息子?「坊」の存在は何を表現しているのか?

ユバアバと双子の姉妹ゼニイバとは何を争い、そのはざまでハクは何をしようとしているのか?

 

ここがよくわからない・・・。

この謎が解ければこの作品の核心に迫れる気がするんだけど・・・

誰か解説できる人いません?

 

これは僕の勝手な、自信も根拠もない仮説ですが・・。

 

少女の成長物語の成長とは何か・・

一言でいえば、「自分で決断し責任を持つこと」です。

千尋は初めカマジイに仕事をさせてほしいとお願いして断られます。

途方に暮れて、体育座りでいじけてしまうのですが

黒い石炭を運んでいるススムシ?たちの姿をまねて石炭を窯に放り込んだシーン。

人に命じられるのではなく、自分で判断して行動すること

それが仕事だ!と。それが人生だ!と駿さんは言っているのかな・・。

 

ユバアバは千尋にそんな仕事をさせるように仕向ける一方、自分の息子「坊」は部屋の中に閉じ込めて何もさせず、溺愛しています。

カオナシもあるところから、千尋に執着するようになり、追いかけまわし、ついには金で気を引こうとします。

なんだろうこれ・・愛と執着の違いを描いているのかな・・・

千尋はお金は「いらない。あなたには私の本当に大事なものは分からないわ」

とキッパリ言い放ちます。

f:id:take-yutaka:20180729032356j:plain

大人と子供って・・・成長って何だろう・・・

なんて考えさせられます。(カオナシも大人の一種として考えると)

普通、素直に考えれば子供が成長して大人になるのですが・・・。

子供の方が大人よりも勝っている部分も多々あります。

大人になって退化すること。

その一つが「感受性」ではないでしょうか

空を見て、花を見て美しいと思う心。

虫の奇妙な動きにわくわくする気持ち。

お父さんやお母さん、ハクを心配し慈しむ気持ち。

千尋の「本当に大事なもの」とは何か?

そういうお金では買えない心の感受性・・かな・・

 

だとするとこれは少女の成長物語でありながら・・

実は大人たちに童心を忘れるなと言っているのではないだろうか・・・

なんて・・。

 

それにしてもゼニイバのシーンの意味が全然わかりません。

f:id:take-yutaka:20180729032452j:plain

 

そもそも意味が分かんないとか言ってることがもうダメなんだ‥と。

感じればいいんだ!心で!

千はハクの所業を謝るために電車に乗ってゼニイバに会いに行った。

「愛だよ愛」byカマジイ。

それでいいんだ。うん。

f:id:take-yutaka:20180729032521j:plain

ある天文学者の恋文

f:id:take-yutaka:20180721032342j:plain

公開 2016年 伊

監督 ジュゼッペ・トルナトーレ

音楽 エンニオ・モリコーネ

出演 ジェレミー・アイアンズ

   オルガ・キュリレンコ

 

 

あらすじ

───著名な天文学者エドと彼の教え子エイミーは、皆には秘密の恋を謳歌していた。しかし、そんなエイミーの元に突然届いたエドの訃報。
現実は受け入れられないエイミーだが、彼女の元にはその後もエドからの優しさとユーモアにあふれた手紙やメールや贈り物が届き続ける。
エドの遺した謎を解き明かそうと、エイミーは彼が暮らしていたエディンバラや、かつて二人で時間を過ごしたイタリア湖水地方のサン・ジュリオ島などを辿りはじめ、そこで彼女が誰にも言えずに封印していた過去を、エドが密かに調べていたことを知るが―──。

(アマゾン商品紹介より)

 

僕はこれは恋愛ものというよりは親子の話ではないかとみます。

 

もちろん本当に親子の関係ではないですよ。

エドとエイミーは不倫の間柄。

大学教授と生徒ですから親子のような歳の差で、結構序盤はラブラブ、ベタベタで

ここがもう受け付けない人は最初から入り込めないでしょう。

少し我慢して見進めてください。

f:id:take-yutaka:20180721033755j:plain

この二人の間には男女の色情を超えたもっと深い親子のような愛があると思えてくると、

序盤に感じた気持ち悪さは和らぎ、素直に二人を応援するような気持で観られるようになってきます。

 

ニューシネマパラダイス」もそうですが

あのおじさんと少年は実の親子ではありません。

実の親子として描いてもいいと思うし、そうした方がわかりやすく一般受けはするのではないかとも思うのですが・・。

しかしそうしないのがこの監督の肝ではないかな。

 

死期が近づいた者の、あるいは人生の希望を失ったものが

未来ある若者に自分の命のバトンを繋ぎたいというような

若干のエゴの気配もありながら

しかしそれは誰でもいいというわけではなく、親子でもない

唯一無二の存在の相手であり

そこにはまごうことなき愛がある

f:id:take-yutaka:20180721033856j:plain

 

ただ美しい愛ではなく、この若干のエゴの気配が

リアルで人間臭く

素直に大きな感動とはいかないのですが

静かに深く、しみじみと共感する

そんな作品でした。

f:id:take-yutaka:20180721032526j:plain

ミッドナイトガイズ

f:id:take-yutaka:20180711012346j:plain

公開 2012年 米

出演 アルパチーノ

クリストファーウォーケン

 

 

ストーリーは出所したギャングがかつての親分に命を狙われる話です

日本のヤクザ映画でもお約束の展開です。

しかしバイオレンスなシーンはほとんどありません。

ほとんど、マフィアアクションではありません

ほぼ、ジイサン二人が夜中に遊びまわっているだけの話と言えますが・・

そこがイイんです。

アルパチーノお得意の若い女性とのタンゴシーン。

クリストファーウォーケンとコーヒーショプのウェイトレス、アレックスとの静かな交流。

「グッドワイフ」でおなじみのジュリアナマーグリースとの・・

アルパチーノの墓前での弔辞。

僕の大好きなおっさんと若い女性の交流モノです。

いや、もはやこれはお爺さんか・・・

とはいえ、いちおう命を狙われているギャングの話ですから・・

前半はしゃげば、はしゃぐほどに・・・・

後半は二人が背負っている宿命が重くのしかかり・・・

f:id:take-yutaka:20180711012628j:plain

f:id:take-yutaka:20180711012657j:plain

 

マイベストシーンはラスト。

ドク(ウォーケン)からアレックス(ウェイトレス)へ電話をかけるシーンです。

 

「・・・朝焼けを描きながら、君を描いていたんだ」

 

ドクは毎朝、街角で風景の絵を描いていて・・

その帰りにコーヒーショップに寄っていたのです。

f:id:take-yutaka:20180711012545p:plain