takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

海街diary

 

 

ãæµ·è¡ãã¤ã¢ãªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

公開 2015年

監督 是枝裕和

出演 綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず

 

あらすじ

まぶしい光に包まれた夏の朝、三姉妹に届いた父の訃報。
十五年前、父は女と出て行き、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。
三姉妹を育てた祖母もとうに亡くなり、広くて古い鎌倉の家には、彼女たちだけが残った。
両親へのわだかまりを抱えた、しっかり者の長女の幸(さち)(綾瀬はるか)と、そんな姉と何かとぶつかる次女の佳乃(よしの)(長澤まさみ)、マイペースな三女の千佳(ちか)(夏帆)。
三人は父の葬儀で、腹違いの妹すず(広瀬すず)と出会う。
頼りない義母を支え、それでも気丈に振る舞う、まだ中学生のすず。
そんな彼女の涙を見て、幸は、別れ際に「いっしょに暮らさない?」と誘う。
そして、秋風とともに、すずが鎌倉へやって来る。四人で始める新しい生活。
しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れ、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始める―。

(アマゾン商品紹介より)

 

賛否分かれている作品のようですね。

否定派の意見としては不倫を美化しているというものが多いようです。

確かにそれも頷けますが・・・いや、美化はしていないと思いますが。

肯定しているように受け取られても仕方ない表現はあると思います・・。

あっ、もちろん僕個人も肯定派ではありませんし、作品としても肯定してるとは僕は受け取りませんけど・・。

否定派が目の敵にする「不倫」によって生まれた子供(すず)がそのうしろめたさをずっと引きずってきて、居場所がなかった寂しさが冒頭からひしひしと伝わってきます。

広瀬すずの抑えた演技の中での淡々としたたたずまいに、序盤から泣けてきます。

否定派でも広瀬すずだけは「かわいい」と絶賛する声が多いようですが。

それは単に広瀬すずの外見容姿の問題ではないでしょう。

それは計算された演技、演出によるものだと僕は思います。

居場所がない寂しさに耐えながら、それを表に出さず、けなげに素直に生きる姿が「かわいい」のです。

それをいち早く見抜いた幸(綾瀬はるか)の「うちに来ない?」と言った優しい思いがまたいいんです。

それは自己犠牲でも同情でも何でもないです。

終盤の決断もそうですけど、

人の寂しさを思いやれる幸にとっては、ただすずのそばに寄り添っていたいだけなのです。それが彼女にとっての最高の幸せなのですから。

やっぱりこの話は長女幸(綾瀬はるか)が最高に素敵なんです

 






 



 



f:id:take-yutaka:20180409015337j:plain

公開 2017年

監督 河瀬直美

出演 永瀬正敏 水崎綾女

 

人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通して変化していく様子を描く。

視覚障がい者のための「映画の音声ガイド」の制作に従事している美佐子(水崎綾女)は、弱視のカメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出会う。雅哉の無愛想な態度に反感を覚える美佐子だったが、彼が撮影した夕日の写真に感動し、いつかその場所に連れて行って欲しいと思うようになる。そして、視力を失っていく雅哉の葛藤を間近で見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめる。

(映画COMより)

 

「映画音声ガイド」として、主人公美佐子が、モデラーである視覚障者たちと議論を重ねるシーンがリアルで緊迫感があって非常に面白いです。

雅哉(永瀬正敏)はそのモデラーの一人として登場し、終始、辛辣な意見で美佐子を翻弄します。

他のメンバーたちも柔らかい物腰で、けっこう強烈な意見をぶつけてきます。

美佐子は時に、ムッと反発し、時にくやし涙を流しながらも、一語一句を深く掘り下げ、視覚障害者の気持ちに向き合い、何度も推敲を重ねていきます。

その姿にはまったく脱帽しました。

僕なんか勢いで書いて、ちょっとどうかな?と思いながら、エイ!と投稿しちゃうことも多いのに・・。

あっ、この「映画音声ガイド」という仕事、こういう投稿(映画レビュー)とも共通するところがあるように思いまして。

映像作品を言葉で(文字で)伝えるという意味において。

勝手に、美佐子と自分を重ねて観ていたものですから・・・。

特に心に残ったのが

「説明が多すぎると、想像力の邪魔になる」

と言われたシーン。

僕もついごちゃごちゃいろいろ書きたくなってすぐ長文になっちゃうんですけど・・・。

いかに短く相手の想像力を信頼しながら伝えるか。

僕にとっても、今後のテーマだな・・と思ったりしました。

 

他にも、主観と客観の問題をどう折り合いをつけるか

とか、

言葉尻の一語のニュアンスで伝わり方が変わる、など

僕は別にプロではありませんが

こういうSNSの投稿でも、

一応、他の人に読んでもらうものとして書くにあたり、

応用して考えられる事がたくさんありました。

f:id:take-yutaka:20180409015542j:plain

 

欲を言えば、この議論のシーンをもう少しじっくり見せてほしかったという思いはあります。

実はこの作品、ストーリーの柱として、

1・美佐子が視覚障害モデラーと議論を重ね「映画音声ガイド」の脚本を完成させる話。

2・雅哉が次第に視力を失っていく話。

3・美佐子と母親の話

4・雅哉と美佐子のラブストーリーの話。

という4つの話が割と均等な割合で交差しながら進む構成になっています。

 

4・は要らないという意見もあり、それも十分に頷けますが

1・2・3だけだと作品全体のトーンが重くなりすぎ

それを中和するための4という意味合いもあっていいかと思います

2は雅哉が視力を失っていく中での絶望と恐怖が包み隠さずリアルに描かれ、重く胸に響きます。

一般的にはこういう障害を扱った作品は、明るく前向きな主人公が多いものですが、本作はこの点でもほかの作品と一線を画しています。

好みもあると思いますが、2はこの作品のもう一つの柱として削れないと思います。

削るなら3がいいのではと個人的には思いますが、3も美佐子がただのチャラいヤング女子ではないという深みを与えるためにはあってもいいかと。

結局、3と4の割合を削って1の割合を増やしてくれればよかったのにな~

ということが言いたいのでした。

パンプキンシザーズ

f:id:take-yutaka:20180401054016j:plain

2006年放送アニメ  全24話

 

陸軍情報3課、戦災復興支援部隊 通称パンプキンシザーズの活躍を描いた話です。

戦争ものは数あれど、戦災復興をテーマに描いたものはなかなか他になく、

それだけでも十分に価値ある作品です。

 

───戦争は終わった。

だが、飢餓、疫病、行き場を失った軍人の夜盗化、混乱に乗じて私腹を肥やす貴族、などその爪痕は大きく、人為戦災という名のもう一つの戦争が続いていた。

そんな戦災の復興支援部隊として立ち上げられた情報3課。

実働部隊の隊長でこの話の主人公、アリスLマルヴィン少尉は、気高く、聡明で、眩しすぎるぐらいまっすぐな人物。

しかし、軍本部の狙いは、民衆の軍への不満をかわすためのパフォーマンス的な要素が大きく、その実態はわずか数人の軍の窓際族の吹き溜まり。その事は軍内外で周知の事で、「お祭り部隊」とか「お気楽3課」と揶揄されていた。しかし、アリスは一人3課の仕事に誇りを持って、愚直に戦災復興の任務に取り組んでいた。

はじめのうちは、単純な正論を振りかざして突き進んでいた感があるが、物語が進むうちに、単なる正義感を振りかざすだけでなく、ただ上から手を差し伸べるだけでなく、物資をばらまくだけでなく、真の復興とはどういうことか、という難しい問題に向き合っていくことになる。

 

 

復興問題の葛藤を正面から逃げず描いているのがこの作品の肝であり、そこがいいです。

 

特に9話、「朝霧の女」はみごとです。

女好きのオレルド准尉はナイトクラブで暗い目をした女が気にかかる。

なんとかこの子を笑わせようと、夜景のきれいな場所に連れて行ったり、バイクに載せたりするが、女はやはり心から笑わない。

彼女は戦死した男を待ち続ける女だった。

戦死の知らせが信じられず、毎朝約束の橋で彼の帰りを待ち続けている。

と、ここまではよくある話です。

こういう人間に、一体何が出来るのか・・。

思い悩み、オレルドは、軍の情報部資料室で彼女の彼がいた部隊の終期の実態を調べ、彼がどう戦ってどう死んだのか、詳しく話して聞かせる。

彼がどんな思いで戦ったのか知り、止まったままの彼女の気持ちを前へ進ませるために・・・、このあとオレルドと彼女がどうこうなるわけでもなく。

彼女は笑顔を取り戻し、オレルドはいつもの3課の日常に戻り、話は終わり。

ようするに、人の心の復興にどこまで踏み込めるか。

そもそも踏み込むべきか?そっとしておくべきか?

という事を描いているのだと思います。

この話をどう受け止めるか、賛否も分かれるところだろうけど。

私はオレルドのやり方、素敵だと思いました。

f:id:take-yutaka:20180401054204j:plain

アニメのラストシーンには否定的な意見が多いようですが、

私はむしろこの終わり方で良いと思います。

原作漫画も読みましたが、話広げすぎて収拾つかなくなってる感あるので。

 

これは復興と救済と正義についての葛藤の話で、

舞踏会でのアリスは、一応のその答えを見つけるわけですから。

原作漫画もここで終わりにしてよいとさえ思います

f:id:take-yutaka:20180401054257j:plain

マッド

f:id:take-yutaka:20180324010922j:plain

公開 2014年 アメリカ

出演 マシュー・マコノヒー

   リース・ウィザースプーン

 

あらすじ

アメリカ南部、ミシシッピ川の川岸。14歳の少年エリス(タイ・シェリダン)はボートハウスに両親と暮らしていた。ある日、親友のネックボーン(ジェイコブ・ロフランド)と二人で、川の中州に浮かぶ島の木に引っかかったボートを見に出かける。彼らはそこで訳有りげなホームレス風の男マッド(マシュー・マコノヒー)に出会った。

マッドは幼馴染の恋人ジェニパー(リース・ウィザースプーン)に会いたいのだが、島から出られない事情がある。だから助けを借りたいと話す。素性の知れないマッドに警戒するネックボーンをよそに、エリスは協力的だった。両親が離婚を決めていたエリスにとって、マッドの愛はどこまでも純粋なものに映っていたのだ。

 

 

マシューで一番好きな作品は何?と聞かれたら

僕は断トツこれです。

2位、3位インターステラー、ダラスバイヤーズクラブに大きく差をつけて・・。

とても不思議な雰囲気を持った作品です。

ある人は現代版スタンドバイミーとかトムソーヤの冒険とか評していますが

それはしっくりきません。

確かにエリスとネックボーンの(ネックボーン役の子がリバーフェニックスそっくり)少年二人が無人島?(大河の中州)に冒険に行き、木の上に引っかかっているボートを探索しているとホームレス(マシュー)が出てきて、うさんくさげな愛を語る・・・。

という冒頭はマシューと少年たちの友情と成長を描いた青春ドラマかなと思いきや、ウィザースプーン登場でラブロマンス?保安官登場でサスペンス?

殺し屋ファミリー登場でバイオレンスアクション?

寄せ鍋のようにごちゃごちゃ詰め込みすぎで何が描きたいのかわけわからん

と、他の人のレビューではあまり評価が高くないものが多いようでした。

それも頷けますのであまり声高にお勧めはできませんが・・・・。

f:id:take-yutaka:20180324011059j:plain

 

僕はこれ究極の純愛物語だと観ます。

エリスは冒頭、島に冒険に出かける前に両親の離婚話を聞いてしまいます

そんな状況で島に行ったからこそマッドと出会い純粋な愛の話を聞いて心惹かれます

関わらないほうがいいと言うネックボーン(こちらの方が常識的)をよそに積極的にマッドのいう事を聞き協力します

そんな中、エリスは町で出会った年上の女の子に恋をして、破れます。

両親の離婚、別居は決定し、マッドと再会させようと協力しているジェニパーは他の男とイチャついているところを目撃します。

マッドのいう純愛なんて、この世にあるのかよ・・・

大噓つきめ! とマッドをなじります。

マッドは言います

 

結婚に結びつかない愛もある

 

そして

マッドとジェニパーが再会するシーン

最高です

 

これは少年の成長物語でもサスペンスでもない。

終始一貫して純愛物語と思って観ることをお勧めします。

最近のマシューは作りこんだ役柄が多いですが

この作品は普通で純朴なマシューが素敵です。

ホームレスですが・・。

とある飛空士への追憶

f:id:take-yutaka:20180315043347j:plain

2011年 アニメ映画

 

───二国間戦争のさなか、名もなき飛空士・狩野シャルルは類まれな操縦技術をみこまれ、次期皇妃ファナ・デル・モラルをその婚約者カルロ皇子のもとに水上偵察機で送り届ける極秘任務を命じられた。護衛を付けず一機で敵中を突破する危険な任務だ。

次々と襲ってくる敵空中艦隊と戦闘機を超絶なテクニックでしりぞけるシャルル。命をかけた空の旅のなかで、ファナの閉ざされた心は開かれ、しだいに二人はひかれあっていく。やがて来る絶体絶命の危機の中、ファナのとった行動とは…。そして二人の恋の行方は…?(アマゾン商品紹介より)

 

 シャルルは「ベスタブ」と呼ばれる差別階級の底辺の人種で、ファナとは本来顔を見ることすら許されぬ天と地ほどの身分の差があります。

このアニメ映画の良さは、そんな二人の会話の絶妙な距離感にあります。

はじめは、敬語でぽつぽつと必要最低限の事だけをしゃべり、時を追うごとに少しづつ打ち解けていく感じがリアルでいいです。

出会ってすぐに喧嘩を始めたり、ギャグを織り交ぜた軽妙な掛け合いをしたりすることはありません。謎解き要素もどんでん返しもありません。

その点では物足りないと感じる人も多いのだろうと思います。

また、一部の原作ファンには説明が足りないという批判もあるようですが、僕はこれ以上の説明はいらないと思います。

余計な説明シーンを増やさず、余計なキャラクターを増やさず、余計なギャグを挟まず、ほとんど二人だけの3~4日?の飛行のシーンだけに絞って、じっくりと丁寧に描いているからこそ、二人の感情の揺れが心に響くのではないでしょうか。

二人乗りの飛行機で男女が空を旅するものってなんか好きなんですよね。

ラピュタのパズーとシータ。アリソンとリリアラストエグザイル。など。

旅が終わりに近づくにつれ、二人の心が近づくにつれ

二人が背負っている宿命がせつなく心に響きます。

 

アニメに限らず映画やドラマでも主人公は極端にデフォルメされた個性的なキャラクターが面白いと世間的には思われているようですけど

僕は最近、普通のキャラクターに惹かれるんですよ

普通のキャラクターは一見感情を表現するのが難しいけど

うまく描けば逆に感情が心に響くものです

 

この作品はそれがうまく描けてると思います。

 

個性的なキャラクターが好きな人、サスペンスや謎解きが好きな人にはこの作品は合わないでしょう。

光をくれた人

f:id:take-yutaka:20180305020441j:plain

 

公開 2017年

監督 デレク・シアンフランス

出演 マイケル・ファスペンダー

   アリシア・ヴィキャンデル

   レイチェル・ワイズ

 

感動とか泣くとかいう事はなかったけど

観終わってから余韻に浸りながらあれこれ考えるとジワジワと面白くなってくる

そんな作品でした。

このデレク・シアンフランスという監督さん「ブルーバレンタイン」と本作、立て続けで観ましたけど面白い問題提起をしてくる人だなあ~という印象です。

そして男がいつも不器用すぎる・・・。

ブルーバレンタインのディーンはゆとりなくいつも不機嫌男

本作のトムは信念ブレブレで決断甘い男

 

!!以下はネタバレ要素含みますので観てない方はご注意ください!!

 

 

そもそも結婚してあの島に彼女を連れて行った時から・・・

おいおい、愛する女をあんなとこに連れていくかぁ~と

誰もいない僻地で二人きりの生活・・

ロマンチックなのは分かるけど、地に足付けた生活ではないでしょー

トムも最初にピクニックに行ったときはそー言ってたじゃない

文通してる間にトムの閉ざした心に光をくれたというのは分かるけど

100歩譲って結婚したまではいいけど、単身赴任しろよ!単身赴任!

なんてことは野暮なツッコミとして・・・。

 

何といってもトムの一番最大の罪は、二度目の妊娠の時です。

一度目の時は仕方ないにせよ

なぜ、出産に備えて実家(町)に返さなかったのか

一度目の失敗を何も学習してないではないか‼

コノバカチンが‼と

僕は「北の国から」が大好きで田舎暮らしに憧れて

かなり真剣に考えましたけど、結局いつも病院問題がネックでした。

 

この作品の場合、否定的な感想の人はまずあの妻の決断が悪いというのが多いようですが・・。

僕はあのタイミングであんなことがあったら、女性なら誰でもああいうのではないかと思います。

あの妻の懇願はあたりまで、やはり夫が毅然とはねつけるべきだったんです。

そうしない決断をしたのなら、もう後ろは振り返らず

その罪を墓場まで持っていくべきだったんです。

トムもむろんそうしょうと思ってはいたんだろうけど・・

身近なところで実際に苦しむハナに出会ってしまい・・・

自分の罪悪感に耐え切れずにわざとばらすような手紙をポストに投函しちゃって・・・

なんだよ、今更、正義感振りかざすのかよ~と

もう、信念ブレブレで鑑賞中は終始イライラと観てたのですが・・・。

鑑賞後の余韻に浸りながらクールダウンしていくうちに

まあ、言うは安しだよなあ・・

みんなそうやってブレブレで(揺れながら)生きてるんだよなあ~

と思うようになり。

途中でも、ブレブレでも引き返して罪を償おうとしたトムの姿は、立派だったんだな~

と思えるようになりました。

最初、イザベルにとっては裏切り行為にしか思えず「一生許さない」と恨んだ気持ちも十二分にわかるんですけど。

 

この作品の第一の問題提起は

一度ついた大嘘(大罪)は最後までつき通して、墓までもっていくか?

途中でも引き返して償うべきか?の葛藤の話。

これは当然ケースバイケースだけど

この映画のトムの場合でいうなら、墓まで持っていくべきだったという人も結構いるのではないかな~。僕も鑑賞中はそうでしたから。

 

あと思い浮かんだのが福山主演の邦画「そして父になる

あれは幼いころに病院の医療ミスで子供をとり違った二組の家族が

子供が6歳の時に気付いて、さあ元に戻すか、どうするかという話です。

血縁か?育ての親か?という葛藤の問題提起。

僕は、邦画の方は迷う余地なく育ての親派です。

6年という時間がもう絶対的にかけがえがないと思うからです

本作の場合、トムが戻そうとしたの4歳?だとするとギリギリ修正可能な年月で

血縁に戻すのもありかなあと思えますが・・・

しかし何よりも最初が「不慮」か「故意」かの違いが大きいし・・

となると邦画とは本質的に違い同列には語れないか

ただ、子供にとってみれば「不慮」だろうが「故意」だろうが

今まで親だと思ってきた家族と引き離されて

全然知らない人に突然本当の親は私だと言われても

とてつもない恐怖だろうなあ。

 

などとそんなことをつらつらと考えました

まとまらない文章ですいません

結局何か言いたいのかというと、

率直に大きな感動はしませんでしたが

最終的にはトムの行動を納得することができ

鑑賞後の余韻であれこれ考えて、十分に楽しめた作品でした。

 

ストーリー

心を閉ざし孤独だけを求め、オーストラリアの孤島で灯台守となったトム。
しかし、美しく快活なイザベルが彼に再び生きる力を与えてくれた。
彼らは結ばれ、孤島で幸福に暮らすが、度重なる流産はイザベルの心を傷つける。
ある日、島にボートが流れ着く。
乗っていたのは見知らぬ男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ん坊。
赤ん坊を娘として育てたいと願うイザベル。
それが過ちと知りつつ願いを受け入れるトム。
4年後、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた2人は、偶然にも娘の生みの母親ハナと出遇ってしまう―

(アマゾン商品紹介より)

ブルーバレンタイン

f:id:take-yutaka:20180221012015j:plain

公開 2011年 アメリカ

出演 ライアン・ゴズリング

   ミシェル・ウィリアムズ

 

 

あらすじ

───ディーン(ゴズリング)とシンディ(ミシェル)夫婦は娘のフランキーとの3人暮らし。看護師として忙しく働く妻シンディの一方、夫のディーンの仕事は朝からビールを飲みながらのペンキ塗り。もっと自分を高める努力をして、きちんとした仕事に就いて欲しいとシンディは夫に対して思っているが、最低限の仕事をして少しでも多くの時間を家族と過ごすことが一番大事だというディーンとの溝は深まるばかり。ふたりの出会いは、シンディが医学生、ディーンは引越しのアルバイトで生計を立てていた頃。不釣り合いな二人だったが、ディーンのどこか飄々とした生き方と明るさにシンディは惹かれていった。若く夢があり、お互いに相手に夢中で毎日が輝いていた幸せな日々……。そんなふたりの過去と現在が交錯しながら、愛の終わりと誕生が重なり合う、切ない慟哭のラストへと向かっていく。本作はR15+指定作品となります。(GYAO作品紹介より)

 

R15ってどんなエロシーンがあるラブロマンスかと思いきや

そういう話ではない。

別の意味でなるほどこれはR15だなと思わせられる

夢と希望にあふれた若者には見せられない

大人のリアルな愛の話

うちも結婚10・・・何年だっけ?

それわかってない時点で・・妻にばれたら離婚されそうな・・

新婚のころのキラキラした思いなんてとっくに枯れてるけど

耳が痛い‥目が痛い(思い当たる節あるある)

でも何かが決定的に違う

なんだろう・・・

決して面白いとか感動とかいう映画じゃないけど

同世代の倦怠夫婦たちと語り合いたくなる映画

しかし自分とこの夫婦で語ってはいけない映画

映画のタイトルとゴズリングにキュンキュン期待して観たら

もうトラウマ級のガッカリじゃないかな・・・。

僕は一人GYAOで無料で観たからまあこれはこれで満足できたけど

 

これ僕は重すぎる愛を持った不器用な男の話とみる

 

ディーンは決して悪い奴じゃない、むしろ家族を愛しているというのは本物だろう

ただ、強すぎる思いゆえにゆとりがない・・・ような

そこが決定的に違うのかな

強すぎる愛ゆえ、意外に凝り固まった理想があり

そこから外れるとあからさまに不機嫌になってしまう。

細い糸のようなところを歩いてる人

周りにもそういう人、何人かいるけど、やっぱり付き合いにくいというか

友達としてたまに会うのも、疲れるというか・・

これ、どっちが悪いか?とネット上でもいろいろ議論あったけど

凝り固まった理想があって、ゆとりがないという意味では双方、似た者同士だけど

僕はどちらかといえばディーンが悪い派

妻シンディの「もう限界」に共感できる

あくまで映画で描かれているシーンだけで考えた場合の話で

映画に描かれていない彼らの7年?の結婚生活の中では・・シンディの方が先にディーンのふがいなさに愛想をつかし、その態度がディーンにゆとりを無くさせたのかもしれないけど・・・どっちが先とか後とか言い出すのはもう不毛な論争だろうし・・。

 

 

 

二人とも悪い人じゃないんです。情も深いんです。

でも、やっぱり強すぎる思いを押し付けすぎるのはどうかと思います。

どうでもいいよ、何でもいいよ、と包容力がありすぎるのもつまらないけど・・・

凝り固まった思いを持ちすぎず

他の人の自分とは違う思いも理解ようとしたり許容したりする

心のゆとりって大事・・と思ったのでした。