takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

幸せをつかむ歌

f:id:take-yutaka:20170619021707j:plain

メリルストリープが売れないロックミュージシャンを演じ、娘役に本当の娘が出演したことが話題となった作品。

他のバンドメンバーはほとんど本物のミュージシャンを起用しているという。

ギターも歌もメリル自身がこなすというのはさすが。

音楽的クオリティーも高い。

ただ若干、音楽シーンに力を入れすぎている感があり、ミュージカル調になっているのは残念。特にラストの結婚式のシーン。ロックとミュージカルは合わない気がする。

ミュージカルじゃないけど・・・。

トーリーは、家族を捨て、音楽活動に突き進んできたロックミュージシャンが年老いて、子供たちとの関係を見つめ直す話。

最近見た作品ではアルパチーノの「Dearダニー君への歌」も同じような話で、記憶に新しく、まあ、ストーリーに新しさはない。

そんなわけで、そこそこ面白かったけど、評価としては普通。

印象に残っているのはバンドメンバーのリックスプリングフィールドがメリルを励ますシーン。その言葉(セリフ)もさることながら彼のロックミュージシャンとしてのワイルドな風貌に、どこかアンバランスな優しげな目が深く心に残った。

f:id:take-yutaka:20170619021955j:plain

リックスプリングフィールド

 

あとはメリルの実の娘メイミーガマーのどんよりした顔。

f:id:take-yutaka:20170619022121j:plain

メイミーガマー