takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

ミチコとハッチン

f:id:take-yutaka:20170717011137j:plain

「刹那」という言葉が浮かぶ。

一瞬の輝き。

ただそれだけに生きるミチコ。

居場所のないハッチン。

そんな二人が・・

ヒロシという生きてるか死んでるかも分からない男を探し

あてのない逃避行を描いた話。

最近のアニメにはない寂しくシュールな雰囲気がイイ。

ギャグもお色気もない。

大好きな映画「パーフェクトワールド」(主演ケビンコスナー)の感じに似ている。

初めから正解のないゴールにむかって、バカみたいに突き進む姿になぜか泣けてくる。

声優の起用に賛否あるようだが僕はこれでいいと思う。

真木ようこのミチコ。別に奇をてらってるわけでもなく、お洒落ぶってるわけでもなく、このキャラクターに、このアニメの世界観にぴったりはまっている。

結局は「刹那」を描いているのだから。

意味も、成長も、目的もない。

ただ一瞬、一瞬の輝きだけに生きる。

それも悪くないと思わせられる。

それでいてちょっぴり情がある。

そんな機微が分かる人間にしかこの話の良さはわかるまい。

 

ひとつ残念なのはラスト。

急にほのぼのしたハッピーエンドな感じになったところ。

サトシ・バチスタが名もないチンピラに撃たれてあっさり死ぬけど、ああいうシュールさがこういう話の王道。ミチコも最後は追い詰められて・・・古いけど「明日に向かって撃て」的な終わり方のほうがよかったかな・・個人的意見として。

これはこれでいいけど。