takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

天空への回廊  笹本稜平

f:id:take-yutaka:20170911044425j:plain

───エベレスト山頂近くにアメリカの人工衛星が墜落。

雪崩に襲われた登山家の真木郷司は九死に一生を得るが、親友のフランス人が行方不明に。真木は親友の捜索を兼ねて衛星回収作戦に参加する。

ところが、そこには全世界を震撼させる、とんでもない秘密が隠されていた───

(光文社文庫カバー裏より)

 

この人工衛星のとんでもない秘密──

前半4分の1も読んでないあたりで、あっさり明かされます。

「えっ!いいの?」と思っているとまた新たな秘密が現れ、それがまたあっさり明かされ、また新たな謎が生まれる・・という具合に非常にテンポよく、読む手を休ませてくれません。結局最後まで一気読み。久しぶりに楽しいひと時を過ごしました。

しかし───

残念なのは世界を大きく広げすぎなところ

某ハリウッド映画「アル〇ゲ〇ン」を思い出してしまいました。

一人の登山家の手に世界の命運がかかっているとか

大統領との通信とか

せっかく山岳小説としてはとてもリアルに描かれているのに

冒険小説的部分が話広げすぎてかえってチンプな印象に・・・。

主人公の真木郷司の人物造形も深みがなく、(若い設定であえてかもしれませんが)

いちいちアメリカの体制に突っかかる感じは、どうも好きになれませんでした。

結局は、「怒涛の展開」だけに

力が注がれた作品のような気がします。後に残るものは何もない・・・

されど

読んでいる間の一時でも楽しい時間を過ごせる作品というのも、なかなか貴重です。

時間と金を返せと思う作品もごまんとありますから。

そういう意味でも本作は、極上のB級エンターテイメントとして

それなりに楽しめる作品だと思います。

 

あとは、みなさんが

人生観・価値観を変えるような新しい発想。

こんな人になりたいなあ、とマネしたくなるようなキャラクター。

心震える言葉や思い。

を見いだせればA級、S級作品になると思いますが。

そういうものが僕には見いだせなかったのでした。