takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

親鸞  五木寛之

f:id:take-yutaka:20170917015155j:plain

青春篇上下巻 激動篇上下巻 完結篇上下巻

講談社文庫全6巻読了

 

力強い作品だった。

まともに向き合えば、一生かけても答えの見つからない

まさに禅問答のような堂々巡りの底なしの海に、何度も引きずり込まれそうになった。

引きずり込まれそうになっては、みずからあえて距離をとって、掴まれた手を振りほどき

海面を目指して浮上しようともがく。

そんな作業の繰り返しだった。

正直、ちょっと疲れた。

それだけ、力強い作品だった。

結局、一番強く心に残っているのは

青春篇上巻冒頭、幼少期の親鸞(忠範)が出家して仏門に入る際、河原で知り合った

ツブテの弥七に、石ころと共に送られた言葉

 

───もし、運よく物事がはこんで、自分がなにか偉い者ででもあるかのように驕りたかぶった気持ちになったときは、この石を見て思い出すことだ。自分は割れた瓦、河原の小石、つぶてのごとき者たちの一人にすぎないではないか、と。そしてまた、苦労がつづいて自分はひとりぼっちだと感じたときは、この河原の小石のようにたくさんの仲間が世間に生きていることを考えてほしい、と。弥七はそのように申して、これを忠範さまに渡すようにと頼んで消えました。そうそう、もう一つ。なにか本当に困ったときには、どこか

にいる名もなき者たちにこの小石を見せて、弥七の友達だといえばいい、と────

 

五木さんの作品には全体的に〝驕りたかぶり〞を戒める気配がある。

人は質素に、つつましくあるべきだという、その考え方は、少なからず僕の人生観に影響を与えた。

日本のサラリーマン社会に生きていると、

『目標を立ててそれを達成すべし』

『昨日より今日、今日より明日、と日々少しでも成長すべし』

と、口酸っぱく言われ続け、僕もそのように生きた。

前を向いて前進し続けなければ、そういう努力をしない者は人間にあらずという扱いを受け、いつしか、自分もそう思うようになる。

若手社員を『あいつらの世代はつかえない』などと思ったり、実際口にしたり。

それは『驕りたかぶり』につながるのではないか。

では、この書にもある『他力本願』とはなにか。

なにかを自ら望み、努力し、叶えようとすることはいけないことなのか。

そんな堂々巡り。

 

もっとたくさん・・・書き出したら果てしない長文になりそうなので、

今回はこれ以上語りません。

そんな堂々巡って、冒頭のあの弥七の言葉に戻るわけです。