takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

その峰の彼方  笹本稜平

f:id:take-yutaka:20171101014043j:plain

───人はなぜ山に登るのか

 

という問いに正面から愚直に挑んだ山岳小説だと思います。

 

主人公の津田悟は冬のマッキンリーの難ルート単独登攀をして、遭難。

友人の吉沢と地元山岳ガイドたちによる捜索行を通して、

津田はなぜ危険な単独行に挑んだのか?安否はどうなのか?

という事だけに焦点を絞って、余計な伏線を張らずシンプルに描いています。

 

冬のマッキンリーと言えば、冒険家の植村直己氏が遭難した山としても有名で、

ヒマラヤのエベレストと比較してもその危険度は高い。

と、素人でも知っているのではないでしょうか。

そんな山に自ら踏み入って、命を懸けて、登って帰ってくるという行為は、

常人からすれば意味不明なクレイジーな行為です。

 

ではなぜ登山家たちはそれをするのか?

という疑問に、笹本さんは、愚直に応えようとしています。

 

その答えは読んでのお楽しみという事で、ここでは明かしませんが

僕は根っからの常人なのか、やはり釈然としませんでした。

 

僕は山岳小説、結構好きで、笹本さんの作品では「還るべき場所」「未踏峰」。

夢枕獏さんの「神々の山嶺」などを読みました。

そこで見出したのは

「なぜ山に登るのか?」という問いは、「なぜ生きるのか?」という問いに等しいという事です。

登山家の人たちは、一見自殺行為にも思える、危険で困難な登攀をすることによって

逆に命を燃やして精いっぱいに生きようとしているらしい、という事です。

そこに「生きる意味」を見出そうとしているらしい、という事です。

しかし、

僕は、「生きる意味」とか、「自分は何者か」とか、考えたことないたちでして・・・。

というか、そういうことを考えるのは

結局、人間特有の、贅沢な、エゴだと思ってしまうところがあるんです。

野生の動物たちは、「生きる意味」とか、「自分は何者か」、なんて考えず、必死に、一日一日を生きているわけです。

ただ、死なないように、生きながらえてるだけでは意味がない

と言ってしまえば、動物や植物の命に意味はなくなります。

 

動物や植物や昆虫の命にだって、立派な意味があると僕は思います。

 

あと、「未踏への挑戦」という意味もあるようです。

「冬季単独」とか「無酸素」とか「〇〇ルート」とかいう枕詞を付けるのは

誰もまだ達成していない未踏の挑戦をするためです。

 

未踏という事は、危険だから困難、という事がほとんどでしょう。

 

危険だから止める、のではなく、危険だから挑戦する価値がある

という発想なのでしょう。

 

なんか宇宙旅行(開発)にも似ている気がするんですが

宇宙開発も巨峰への挑戦も

───神々の領域を人間のエゴで汚している──

ような気がしてしまうんです。

僕なんかは、飛行機に乗って空飛ぶことでさえそう思ってしまい・・

45年の人生で国内便1回だけしか乗ったことありません。

しかしまあ

そういう挑戦によって今の文明社会は成り立っているわけだし、僕もその恩恵を受けているわけですから、そういう人たち(未踏への挑戦をしようとする人)を批判する気はありません。

むしろ、感謝と尊敬の思いはあります。

ただやっぱりどこか他人事のように

「自分には真似できないけどね」

という注釈付きで・・・。

 

本作品で示されている「なぜ山に登るのか」に対する応えはまたちょっと違うのですが、

今までにない切り口で、なるほどそうくるかという驚きはありました。

山岳小説好きの人はもちろん、生きる意味とは何か、と思い悩んでいる人も、

一読の価値はあると思います。

僕的には「言ってることはわかるけど、感覚的に共感はできなかったけどね」

という注釈付きで。

 

そんなことを考えた一冊でした。

 

この作品で付箋を貼った個所

「いま生きている自分のことだけを考えると大事なものを見失う。どんなことを決めるにも6世代先の人々の幸福を考えるべきだ。それがインディアンの知恵だとワイズマンは言っています」

「ずいぶん先の話だな」

「そうです。でもそう考えると、心が自由になる気がしませんか」

「孫やひ孫の世代までだとまだエゴが働く余地がある。でも6世代先の事なら自分の損得と切り離して考えられる。エゴに縛られることなく、いまを生きている自分に意味を与えられる」