takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

ハイ・フィディリティ

f:id:take-yutaka:20180124005833j:plain

ハイ・フィディリティー

 

公開 2000年 アメリカ

出演 ジョン・キューザック 

ジャック・ブラック 

イーベン・ヤイレ

   キャサリン・ゼタ・ジョーンズ 

トッド・ルイーゾ

 

中古レコード店を経営するロブ(ジョン・キューザック)は、同棲していた恋人のローラ(イーベン・ヤイレ)が突然出ていったことをきっかけに、これまでの失恋トップ5の女性たちを訪ね歩き、自分の何がいけなかったのかを問いただしていく。

(アマゾン商品紹介より)

 

まずは何といってもジャック・ブラックの存在感に引き付けられます。

 

ジャック・ブラックはロブが経営する中古レコード店の店員バリー役で登場。

遅刻してきてはBGMとしてかけている音楽にいちゃもんを付け、自分の持ってきたハードロックに変え、エアギターでシャウト。

音楽に対する趣味と教養の深さで客を選び、気に入らない奴にはレコードを売らない。

スクールオブロックとほぼ同じ濃い~キャラクターで一度見たら目が離せません。

もう一人の店員ディック(トッドルイーゾ)もなかなかいいです。

バリーとは対照的に内気でなよなよした奴だけど、こと音楽談議になればやはり筋金入りのオタクでロブやバリーと互角に渡り合います。

三人の音楽談議は、洋楽マニアにはたまらないのでしょう。

しかし、そんな音楽オタクの三人がろくに客の来ない暇な店で

頭でっかちな理屈を言いあいながら、なんとなく生きる毎日は

いかにもうだつが上がらない感じで、ローラに愛想をつかされたのもうなずけます。

 

キャサリン・ゼタとイーベン・ヤイレの対比がイイです。

 

ローラがなぜ出ていったのか?その理由は中盤ぐらいで明かされます。

ここでは明かしませんが、なかなかにすごい理由があります。

しかし、昔、上の階に住んでいたポニーテール頭のいけ好かない奴イアン(ティム・ロビンス)と一緒に暮らしていると知ると、SEXはしたのかと執拗に聞いたり、その家の近くまで行って電話をかけまくったり、元カノに電話しまくって、自分の何が悪かったのかと聞きまわったり、と、ロブはほとんど常軌を逸したストーカー状態となります。

このあたりのくだりで興ざめする人も多いのではないでしょうか。

僕はタイムリーに劇場で観たときはかなり共感でき温かく見守れました。

(実は若いころ(20代前半)に似たような経験したことがあって。雨降る電話ボックスの中、10円玉を積み上げて・・まだ携帯電話なんかさらさらない時代でしたから)

しかし今見ると、ロブの設定35歳ぐらいだとすると、

いい年こいたおっさんが、この行動はちょっと・・・

と、今回の鑑賞では冷めた目で引いてしまいました。

そんな中、元カノの一人、チャーリー役としてキャサリン・ゼタが登場。

外見的にはこのころピークの美しさだったのではないでしょうか。

たいしてローラ演じるイーベン・ヤイレはいかにも幸薄い顔立ちです。

チャーリーはいわゆるリア充女子。

家には大勢の男女が集まり、おしゃれな会話を楽しんでいます。

そこに招かれたロブは一人会話に入れず居心地の悪い思いをしながらも、

チャーリーを観察し、気づきます。

こいつは昔からこういう女だった。

他人にたいして思いやりもなく、自分が他人にどう見えているかにしか興味がない。

そしてローラとの日々を思い出します。

とびきり輝いていたわけではないけれど。

ただ、地味でも思いやりがあって、そこに品があった・・・と。

f:id:take-yutaka:20180124010105j:plain

f:id:take-yutaka:20180124010127j:plain

 

!!!ラストネタバレあり!!!

f:id:take-yutaka:20180124010209j:plain

結局、ローラと元サヤに戻ります。

先ほど伏せた、なかなかにすごい理由を乗り越えられるの?

と、ここも腑におちない人も多いのでないでしょうか。

僕も、一瞬腑に落ちなかったのですが

お父さんの死を一つのきっかけにしたのが脚本としてうまいです。

共通の近親者の死というのは、細事を超越して深い絆を生む。

というのも経験からわかるので。

 

そしてロブはローラにプロポーズをするのですが。

このプロポーズの言葉

僕の中の映画史上、最も素敵なプロポーズではないかと思います。

 

f:id:take-yutaka:20180124010253j:plain