takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

ジブリ「思い出のマーニー」感想~繊細な気持ちの揺れが心にしみる~

f:id:take-yutaka:20181003000722j:plain

製作 2014年

監督 米林宏昌

 

これはジブリ作品としては異質な作品です

なるほど駿さんでは描けない、躍動感のない暗い主人公です。

いや昔の「ハイジ」や「母を訪ねて」「フランダース」の雰囲気に近いような・・。結論言っときますと、これはこれで結構よかったです。

 

幼い頃に両親を亡くし、里親に育てられた12歳の少女杏奈。

あることがきっかけでその里親も信じられなくなっている。

喘息を患い、人に迷惑をかけていると思っている。

そんな自分が嫌い。暗く無表情で対人恐怖症・・・。

f:id:take-yutaka:20181003000854j:plain

育ての母は、そんな杏奈を喘息の療養にと海辺の村にある親戚の夫婦に預ける。

また厄介者にされたと被害妄想の杏奈。

その村でも杏奈は人との関わりを避け、一人風景のスケッチに没頭する日々。

と、湿原の対岸に幽玄と見える古く湿った屋敷に、なぜか強く心を惹かれる杏奈。

そしてある日、不思議な金髪の少女とマーニーと出会う。

f:id:take-yutaka:20181003000818j:plain

マーニー。

夢か現か・・どこか現実離れした彼女に杏奈は惹かれていく。

いつしか二人はお互いの身の上話をするようになり。

マーニーもまたつらい現実を背負っていたと知る。

杏奈はマーニーを救いたいと思う。

しかしマーニーは忽然と姿を消す。

やはりマーニーの存在は夢だったのか・・・

「マー二―。あなたまであたしを裏切るの?」

・・・・

そして杏奈は、マーニーの正体を知る。

海辺の村から帰る日、

駆けていく杏奈の躍動感あふれる後ろ姿があった。

 

そんな話です。

 

二度目の鑑賞です。1度目は正直パッとしない印象でしたが。

今回の鑑賞で、俄然評価が上がりました。

冒頭、杏奈は自分の事を「外側の人間」と表現します。

「内側の人間」=明るく元気なリア充グループ。

「外側の人間」=暗く陰気なひとりぼっち。

僕も学生時代からずっと「外側の人間」でしたが、

しかしそんなに自分が嫌いじゃありませんでした。

むしろ自分好き。人と違うひとりぼっち上等。一匹狼気取りの自分好き。

だからいじけた感じの人の気持ちはあまりわからない人間でした。

そういう感じの人間は嫌いでした。

トシトッタのかな~。

最近はそういう人の気持ちわかる気がします。

体の具合もあっちこっちおかしくなってきて・・・

心身にゆとりもなくなってきて・・包容力のキャパ狭くなってるんじゃないか

人に不快感を与えてるんじゃないか・・・と自分に自信もなくなって・・。

そんなわけで

今回は杏奈のキャラ、始めから温かく見守れました。

 

人はみんな自分だけが辛いと思いがち・・

しかし誰だってそれなりに問題を抱えている・・

一見、リア充のように明るく元気に見えても

そして人を救いたいと思う願望もまたある。

それは思い上がりだろうか。

人を救う事で、自分が救われることもある。

そんなことをちょっと考えたのでした。

 

大きな感動はないけれど、静かに心にしみるいい作品だと思います。

f:id:take-yutaka:20181003000952j:plain