takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

海よりもまだ深く

f:id:take-yutaka:20190114011933j:plain

公開 2016年

監督 是枝裕和

出演 阿部寛 

   樹木希林

   小林聡美

   真木よう子

 

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。
15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、
息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。
そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。
ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。
こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

(アマゾン商品紹介より)

 

是枝さんの作品にしては、重い問題提起の無い、比較的日常系?

ダメ人間の日常が淡々と描かれていく。

ダメ人間と言っても、犯罪者でもなく、どこの家族・・

親戚にまで広げれば、一人はいそうな人。

過去の栄光にいつまでも囚われ、時代の変化、現実を直視できず、

見栄とプライドばかりで外面を繕う。

コツコツと努力ができず、大きな夢ばかり見ている。

お金が無くなると、親や兄弟を頼る。

そんな人・良多(阿部寛

この映画の家族はまだ優しい方ではないかな・・。

母親・樹木希林。姉・小林聡美。元妻・真木よう子

僕の知人にはこれにプラス酒飲んだくれで・・

家族からも絶縁されているという人もぽつぽつと思い当たる。

最後までそんな人が改心、成長するわけでもなく(もう50歳過ぎだし)

作品としてそんな人を肯定しているわけでもない。

ただ周囲のなんとなく温かい視線。

特に樹木希林演じる母の無償の愛・・。

そして息子にも意外に慕われている。

子供はこういう人、意外と好きで。

(僕も子供のころは堅実な公務員の大人より、こういう破綻してる大人の方が面白くて好きだった事、思い出す)

そういう周囲の意外に温かい視線が描かれているのだが・・。

そこから何を感じるか・・・。

人それぞれに、幅広い解釈ができる作品。

 

・・以下終盤名セリフ引用ネタバレあり・・

 

僕はこれは愛の話と観た。

僕が感じた母親の無償の愛。

海よりもまだ深く」・・は母の愛

しかし、淑子(樹木希林)は

「私は海よりも深く人を好きになったことはないよ」

「だから生きていけるのかもしれないね」

と言っている・・・

そんな愛を目指し模索していく・・

人生まだまだ通過点なのだと。