takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

ティファニーで朝食を

f:id:take-yutaka:20190208024959j:plain


製作 1961年 米

監督 ブレイク・エドワーズ

出演 オードリー・ヘプバーン

   ジョージ・ペパード

 

あらすじ

マンハッタンに暮らすホリー・ゴライトリーは華やかな世界に生きるパーティーガール。ちょっと天然でいつでも自由気まま。富と贅沢が大好きで、お金持ちの男性との結婚を夢見ています。

そんな彼女は心が沈むと、5番街にある高級ジュエリー店「ティファニー」のウインドーを眺めつつ朝食を取って気分を和らげるのでした。

ある日、ホリーが暮らすアパートに作家を自称するポール・バージャクが引っ越してきます。ポールの姿に何年も会っていない兄フレッドの姿を重ねたホリーは、すぐに彼と仲良くなります。そして二人は、お互いの性格に戸惑いながらも、無意識のうちに惹かれあっていきます…。(ciatrより)

 

今回のオードリーは自由奔放なキャラクター

何かに縛られることを嫌い、何も所有しない、所有されたくない

一緒に暮らしている猫にも名前も付けない

だから愛よりもお金、とキッパリ豪語する

でも、心の奥になんか寂しさを抱えている

そんな人です

 

迎えに来た元夫に別れを告げて

バスで去っていく姿を見送るシーン

どういう心境なのかハッキリわからないんだけど

なんか泣けるんですね。

彼女が抱えている心の闇は何なんだろうか・・・

f:id:take-yutaka:20190208025052j:plain

 

ポールの接し方もイイんですね~

決して強引に距離を詰めようとしない・・

ポールも彼女が抱えている心の闇を感じ、

決してそこを追求せず、やさしく包み込んでいるんですね。

ティファニーでのデートのシーンは最高でした。

あの店員の対応はサービス業に従事する僕には目からうろこでした。

f:id:take-yutaka:20190208025125j:plain

 

そしてラストのポールの名セリフ

 

自分だけは自由な気でいても

君は生きるのが恐ろしいんだ

自分で作った檻の中にいるんだ

その檻はテキサスだろうが、南米だろうがついてまわる

自分自身からは逃げられないからだ

 

深いですね。

単にオードリーのファッションと演技がイイだけのラブコメじゃありませんぞ。これ。