takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

「ガタカ」映画感想

f:id:take-yutaka:20190223052506j:plain

製作 1997年 米

監督 アンドリュー・ニコル

出演 イーサン・ホーク

   ジュード・ロウ

   ユマ・サーマン

 

あらすじ

DNA繰作による優秀な遺伝子を持った“適正者”によって、自然な出産で生まれた人間が“不適正者”として支配される近未来。不適正者として生まれたビンセントは宇宙飛行士を夢見ていたが、それは不適正者ではかなわぬ夢だった。しかし、彼は自分の運命を変えるためDNAブローカ一の紹介でジェロームという青年の適正者IDを買い取る。ジェロームになりすまして宇宙局ガタカの局員となったビンセントはついにタイタン探査船の航海士に選ばれる。だが出発間近に上司が何者かに殺された事件でビンセントの髪の毛が発見された事から、正体発覚の窮地に立たされる(アマゾン商品紹介より)

 

あまりSFらしくない映画です。

ほとんど地球での話で・・。

車も家も現代とほとんど変わらない、しかし遺伝子工学は進んでいる近未来。

今となってはかなり現実味がでてきましたね。

不適正者でありながら社会と科学に抗い、宇宙飛行士を目指す主人公ビンセントにイーサンホーク。

優秀な遺伝子を持ちながら、銀メダルしかとれなかった元水泳選手。事故で選手生命も絶たれ、裏の世界の遺伝子提供者となったジェロームにジュードロウ。

外見はいつも通りのクールビューティー。中身は意外に乙女。

適正者でありながら心臓が弱く宇宙飛行士になれないガタカ所長秘書アイリーンにユマ・サーマン

三人を中心に、恋と友情と殺人事件のサスペンスが

静かな雰囲気の中で語られていきます。

あまりお金はかかってなさそうだし・・SFらしいディテールもあまりなく

アクションもない。

しかし、スタイリッシュな映像、音楽、

主演三人の表情やたたずまいに、なんとも引き込まれるのですね~。

僕は特にジュード・ロウがもう・・

出てくるだけでなんか泣けるんです。

f:id:take-yutaka:20190223052611j:plain

これはもうラストの別れのシーンが最高です。

 

「こっちこそ・・体を貸す代わりに・・夢をもらった」

 

最高の遺伝子を持ちながら水泳選手として銀メダルだったジェローム

おそらくは遺伝子にあぐらをかいて、努力を怠ってしまったのでしょう・・。

どんなに遺伝子が良くても、

最後は人間、努力次第で変わるんだと・・

そのことに遅ればせながら気づいた彼は

彼なりの精いっぱいの努力をして・・

彼なりの夢をみながら・・

彼なりの旅に出たのだ・・と。

 

あっ、弟とのエピソードもよかったですね。

 

「あの時と同じだ。戻ることは考えずに全力で泳いだ」

 

最後は精神力だと・・

シンプルなメッセージがズシンと響きます。

 

あとあの医者も粋でしたね。

 

イーサンホークとユマサーマン。

これを機にプライベートで結ばれたとは今まで知らなかったな~。

珍しくユマが乙女だったからな~。じが出ちゃったのかな~。

f:id:take-yutaka:20190223052710j:plain