takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

「麗しのサブリナ」映画感想

f:id:take-yutaka:20190304043432j:plain

製作 1954年 米

監督 ビリー・ワイルダー

出演 オードリー・ヘプバーン

   ハンフリー・ボガード

   ウイリアムホールデン

 

 

あらすじ

サブリナは大富豪ララビー家のお抱え運転手フェアチャイルドの娘。年頃の彼女はララビー家の次男、プレイボーイのデビッドに夢中だった。かなわぬ恋に悩む娘を心配した父親は、サブリナをパリの料理学校へ送る。2年後、エレガントに成長して帰国したサブリナに今度はデビッドが夢中になる。仕事人間の長男ライナスは、サブリナを再びパリへ追いやろうと計画するが…。

(アマゾン商品紹介より)

 

いや~始めはどうなるかと思いましたよ。

あの次男に入れあげているサブリナ・・。

お金持ちと使用人の娘の禁断の恋。

月とスッポンの叶わぬ恋の話のようだけど・・

観てるこっちにはオードリーが月で金持ちボンボン次男がスッポン。

あんなスッポンヤローをオードリーが好きになるわけネエだろうが~

と怒り心頭で一回見るの止めちゃいましたよ~。

しかし、気を取り直して再開。

スッポン次男がお尻をケガしてデートに行けない間、その埋め合わせにやってくるボガード兄貴。

韓国ドラマなら手切れ金もって別れさせようとする会長

といった雰囲気の役どころ。

f:id:take-yutaka:20190304043558j:plain

しかし、おやおや・・そうくるか・・

さすがボガード兄貴。韓国ドラマの会長とは違う・・。

仕事人間の堅物だけど、紳士で、ユーモアもあって・・。

いささか無理ある展開と思うのが普通かもしれないけど・・

僕はスッキリ受け入れられたな~。

始めから兄貴の方が百倍素敵だったから

最後の弟のものわかりの良さも賛否あるだろうけど

あれでちょっとは最初にサブリナが惚れてた理由も納得できるし。

弟もなかなかにさっぱりしたいい奴だったのね・・と。

結局。

作品としては邪心ない素直なラブコメ映画として丸く収まったのでした。

これはこれで、なかなか素敵な話じゃないですか。

f:id:take-yutaka:20190304043637j:plain