takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

「暗くなるまで待って」映画感想

f:id:take-yutaka:20190318010921j:plain

製作 1967年

監督 テレンス・ヤング

出演 オードリー・ヘプバーン

   アラン・アーキン

   リチャード・クレンナ

 

あらすじ

カナダからニューヨークに帰る途中に知り合った女から、

夫のサムが人形を預かって来たことで、盲目の妻スージー(オードリー)は、思いがけない事件にまきこまれていった。
サムもスージーも知らないことだったが人形の中には、

ヘロインが縫いこまれていたのだ。

夫の留守中、その人形を探すため三人の悪党がやってくる・・。

 

今回のオードリーは盲目の人妻です。

しかし、悲壮感なく力強く明るく生きる姿が素敵です。

上の階に住んでいる少女グロリアとの交流の中で、

ときおり垣間見せる不安、孤独・・

繊細な心理表現がまた、すばらしいですね。

 

ストーリーとしては密室サスペンスでしょうか。

夫の留守中に麻薬入りの人形を探す悪党たちと渡り合い

孤軍奮闘するさまがハラハラします。

 

ただ、やはり密室劇は舞台向きな気がします。

本作も、もともと舞台作品で、日本でも今公演中みたいですが。

映画としてはもったいない気が・・。

当時としては(舞台劇を映画にすること)画期的だったのでしょうか・・。

f:id:take-yutaka:20190318011051j:plain

ちょっと短いですか?

なので今回は客観的PR文をちょいと。

子供との時間を大切にしたいと、十数年に亘って続いた

オードリーの女優としてのキャリアは一旦、ここで途切れる事になったという節目の作品です。

原作はフレデリック・ノット。

ヒッチコックの『ダイヤルMを廻せ』が有名です。

アラン・アーキンは最近の姿とはとは全然違う若さ。

ペッタリしたおかっぱ頭の殺し屋を怪演です。

どっかで観たことあると思ったリチャードクレンナはランボーの大佐。

こちらも若くてカッコイイ。

悪党だけど根はそんなに悪くなさそうな・・

なんかの因果で仕方なく悪党になっちゃったという感じの人

微妙な役どころがなかなかにうまかったですね。

 

個々の役者の演技がイイ映画ですね。

ストーリーはまあ・・・軽く流しましょう。

f:id:take-yutaka:20190318011234j:plain