takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

「昼下がりの情事」映画感想

f:id:take-yutaka:20190406060415j:plain


製作 1957年 米

監督 ビリー・ワイルダー

出演 オードリー・ヘプバーン

   ゲーリー・クーパー

 

あらすじ

音楽院でチェロの勉強をしているアリアーヌは、私立探偵である父親の仕事に興味津々。素行調査に登場する億万長者のプレイボーイ、フラナガンの存在が気になってしょうがない。一計を案じ、彼との出会いに成功するが、数々の男を手玉に取った遊び人を装ってしまう。2度目のワイルダー作品となるオードリー・ヘプバーンが、背伸びした純情な娘を好演。

(映画COMより)

 

 

いや~こういうの弱いのよ~男は。

愛はなかったのよ、たぶん。

ちょっと魅力的で興味深い相手。

お互いに。

本音も真実もない言葉遊び・・。

背伸びして粉飾する交際遍歴・・。

決してジメジメシしたことは言わない。

カラッと爽やかな風のような関係。

一緒にいるその時が楽しければいい。

しがらみもルールも倫理もない

そんな関係が居心地よかっただけ・・

のはずだったんだけど・・

いつの間にかそんな関係がかけがえのない

特別なものに思えてくる

もしかしてこれは愛?

と思わされてしまう・・。

それはやっぱり愛じゃないと振り切ろうとしたんだけど

お互いに・・・。

振り切ろうとしたんだけど・・・

わかるなぁ~。

f:id:take-yutaka:20190406060549j:plain

f:id:take-yutaka:20190406060450j:plain