takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

「THIS IS IT」映画感想

f:id:take-yutaka:20190701021443j:plain

製作 2009年

監督 ケニー・オルテガ

出演 マイケルジャクソン

 

概要

2009年6月に自宅にて心肺停止状態に至り急逝したマイケルだが、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー映画
同年夏にロンドンで開催するはずだった幻のコンサート「THIS IS IT」。100時間以上に及ぶリハーサルの中での楽曲とパフォーマンス映像や、舞台裏でのマイケルの素顔、若手バックダンサーらとの交流を記録。監督は、ロンドン公演そのものの演出も務めていたケニー・オルテガ

 

僕はマイケルジャクソンはそんなに好きじゃなかった。

スリラー全盛時代がちょうど中高生の青春時代に重なって

まさに世代的にはドンピシャかな・・。

周囲の友人たちは、マイケル、マドンナ、ペットショプボーイズ

そのあたりを聴いていてるのが一番ノーマルなポピュリストグループだった。

僕はそのころ長渕にはまってたかな・・。

白さが際立ってきた近年。顔面崩壊。ネバーランド

世間的にもグレーな報道が多かった気がする

僕もよく知らないままに、なんか奇怪なおっさんになってしまった

と、よりマイナスイメージが強かったと思う。

好印象だったのは少年時代の曲「ベンのテーマ」ぐらい。

あれをマイケルが歌ってると知ったときは驚いたけど

 

そして突然の訃報。

ああ、やっぱりクスリでもやってたのか・・・

と思ってしまったが・・

 

わりと直後に公開された本作。

妻に連れられて、気乗りしないまま渋々観たのだったが・・。

マイケルのイメージが180度変わった、ある意味、衝撃作だった。

作品としてはリハーサルの映像を淡々と映しているだけ。

ドキュメンタリー作品によくある近親者の証言インタビューなどはほとんどなく、ただ、音楽とパフォーマンスを真摯に作りこんでいく姿を映す。

フルパワーではなく5割ぐらいの力で流しているんだけど

若手ダンサーよりもキレのあるパフォーマンスは圧巻。

やはりこの人はパフォーマーなのだと改めて痛感した。

この人の音楽はCDで聴くものではなかったのだ・・と。

しかし、これが亡くなる数日前の姿と思うと・・

50歳だったマイケル。

僕なんかカラオケボックスで座りながら歌っても1曲の最後の方はゼエゼエしちゃうのに。

歌いながらあのキレのあるパフォーマンス。

もしかしたら体調の不調はあったのかもしれないのに・・

息切れも見せず・・

若手ダンサーたちやコンサートスタッフたちをリードしていく・・。

言葉よりも所作で・・

足元はいつも軽やかなムーンウォーク

それだけで・・もう涙が溢れてきた。

終盤「マンインザミラー」のパフォーマンス。

恥ずかしながらこんな素敵な曲があったのかと初めて知った。

一緒にコンサートを作り上げてきた仲間たちに送った

締めのあいさつの言葉

その姿だけでマイケルジャクソンという人間のすべてを物語っている気がした。