takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

「サラバ」上・中・下巻 西加奈子 読書感想

初版 2017年10月 小学館文庫 いや~時間かかった。長かった。 上・中・下・文庫3巻。 長い長い、家族の話。 僕と真逆の性格の主人公に全く共感できず、 終始イライラ、読むのも何度も挫折しかかり中断し・・・ 何とか意地で読み進めた・・・。 この作家はこ…

「ファミリー・マン ある父の決断」映画感想

製作 2016年 カナダ・アメリカ 出演 ジェラルド・バトラー ウィレム・デフォー あらすじ 腕利きのヘッドハンターとして優秀な人材の引き抜きや仕事の斡旋に誰よりも熱心に取り組み、会社の中でも一、二位を争う業績を上げてきたデイン(ジェラルド・バトラー)…

「キリングフィールド」映画感想

製作 1985年 英 監督 ローランド・ジョフィ 出演 ジョン・ウォーターストーン ハイン・S・ニョール ジョン・マルコビッチ 冒頭5分。 主人公の新聞記者の言動で、ちょっと否定的な見方になってしまいました。 「どこに行こうと僕の自由だ!」 「法で認められ…

「戒厳令の夜 上・下」 五木寛之 読書感想

初版 1980年 3月 新潮文庫 あらすじ 元美術史学徒で今は二流の映画ライターをやっている主人公の江間。 とある映画祭の取材の帰りに、ふらりと訪れた福岡の酒場で そんなところにあるはずもない幻の名画を発見する。 福岡に在住する元右翼の重鎮で美術コレク…

「赤い靴が悲しい」片岡義男 読書感想

初版 平成元年10月 祥伝社文庫 高校生の頃、みんなが赤川次郎をまわし読みしたりしてた時、 僕は一人で片岡義男を読んでいた。 まあ、どちらも今思えばラノベ的で、(いい意味で)軽薄で、 おおよそ文学賞とは無縁な、心の闇とかドロドロした人の業 などほと…

「アイ」西加奈子 読書感想

初版 2019年11月 ポプラ文庫 最近書店でよく見かけて、気になっていた作家さん。 はじめて読みました。 記念すべき第1冊目です。 この物語の主人公はワイルド増田アイ。 アイはシリアで生まれた。 本当の両親は知らぬまま、赤ん坊の時、アメリカ人の父と日本…

「伏 鉄砲娘の捕物帳」アニメ映画感想

公開 2012年 監督 宮地昌幸 原作 桜庭一樹 あらすじ <伏を狩らねばならない>猟師の少女と、<人に狩られる>運命を背負った青年の出会い、初めての想い、そして、それぞれの決断の物語。 祖父の死をきっかけに山を下りた、猟銃使いの少女・浜路。観るもの聞く…

「浮草」映画感想

公開 1959年 監督 小津安二郎 出演 中村鴈治郎 京マチ子 若尾文子 あらすじ 志摩半島の小さな港町を舞台に、ドサ廻り一座「嵐駒十郎一座」とそれを取り巻く人々のさまざまな人間模様を描く。 画面に広がる昭和ノスタルジー。昭和女性の艶っぽさ。 男たちの悲…

「僕たちのアナ・バナナ」映画感想

製作 2000年 米 監督 エドワード・ノートン 出演 ベン・スティラー エドワード・ノートン ジェナ・エルフマン 男二人とマドンナ一人の典型的な幼なじみ三角関係ラブコメです。 しかし、そこに宗教的なエッセンスが加わって、 なかなかに奥深い作品となってい…

「リーチ先生」原田マハ 読書感想

集英社文庫 初版 2019年6月 好いものは好い。 そう感じる私たち日本人の心には、きっと“リーチ先生”がいる。 日本を愛し日本に愛されたイギリス人陶芸家の美と友情に満ち溢れた生涯を描く感動のアート小説。 第36回新田次郎文学賞受賞作 若きイギリス人芸術…

「万引き家族」映画感想

製作 2018年 監督 是枝裕和 出演 リリーフランキー 安藤サクラ 樹木希林 あらすじ 高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この…

「星の子」今村夏子 読書感想

初版 2019年12月 朝日文庫 初めて読む作家さんです。 芥川賞受賞作家さんという事は知らず ふらっと入った書店で背表紙のあらすじに惹かれて 衝動買いでした。 そのあらすじとは 主人公・林ちひろは中学3年生。 出生直後から病弱だったちひろを救いたい一心…

「父親たちの星条旗」映画感想

製作 2006年 米 監督 クリントイーストウッド 出演 ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチ 本作の主軸は、いかにもアメリカらしい 英雄をマスコットにしての国債集金キャンペーンの話です。 ほぼ制圧完了した硫黄島のすり鉢山てっ…

「硫黄島からの手紙」映画感想

製作 2006年 米 監督 クリントイーストウッド 出演 渡辺謙 二宮和也 加瀬亮 これは軍国主義圧力に翻弄される主人公を描いた これまでの日本の戦争映画に多い典型的なタイプの作品。 軍上層部の個人的な見栄の張り合いで作戦を動かしていたあたりは 絶妙に描…

「あゝひめゆりの塔」映画感想

公開 1968年 監督 舛田利雄 出演 吉永小百合 浜田光夫 二谷英明 乙羽信子 ひめゆりの塔という映画はいくつもつくられているようで、 僕も名前は聞いたことあったけどちゃんと観たのは初めてです。 沖縄戦に動員され玉砕あるいは集団自決した女学生たちの悲劇…

「蜜蜂と遠雷」 恩田陸 読書感想 

初版 2019年 4月 幻冬舎文庫 あらすじ 近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女としてデビューもしながら母の突然の死去以来、弾けなくなった栄伝亜夜20歳。楽器店勤務のサラ…

「グリーンブック」映画感想

製作 2018年 米 監督 ピーター・ファレリー 出演 マハーシャラ・アリ ビゴ・モーテンセン あらすじ 時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りに…

「こんな夜更けにバナナかよ」映画感想

製作 2018年 出演 大泉洋 高畑充希 三浦春馬 あらすじ 札幌で暮らす鹿野靖明(大泉洋)は幼少から難病を患い、体で動かせるのは首と手だけ。介助なしでは生きられないのに病院を飛び出し、ボランティアたちと自立生活を送っていた。夜中に突然「バナナ食べたい…

「マイハートマイラブ」映画感想

製作 1999年 米 出演 ショーンコネリー アンジェリーナジョリー マデリーンストウ ライアンフィリップ あらすじ 結婚40周年を機会に今までの人生を見つめなおす老夫婦(ショーン・コネリー&ジーナ・ローランズ)。ある秘密を抱えた男性とその恋人(ライアン…

おすすめ韓国ドラマ「ベートーベンウイルス」感想

製作 2008年 韓国MBC 全18話 出演 キム・ミョンミン イ・ジア チャン・グンソク イ・スンジェ ストーリー ソクラン市の文化芸術課に勤めるルミ(イ・ジア)は、自分の企画が採用され、プロジェクト・オーケストラを創設することになる。ところが、公演プロデ…

おすすめ韓国ドラマ「イニョン王妃の男」感想

製作 2012年 韓国ドラマ 全16話 出演 チ・ヒョヌ ユ・インナ ストーリー 時は朝鮮王朝時代。王の命を受けて南人の動きを監視していた弘文館の校理キム・ブンドは、右議政ミン・アムらが企てたイニョン王妃の暗殺計画を阻止する。 しかし、ミン・アムの刺客に…

おすすめ韓国ドラマ「パダム・パダム」感想

パダムパダム 放送 2011年 韓国 全20話 脚本 ノ・ヒギョン 出演 チョン・ウソン ハン・ジミン キム・ボム ストーリーは、 検事の息子である友人に殺人の濡れ衣を着せられて収監されたヤン・ガンチル(チョンウソン)が16年ぶりに出所し、チョン・ジナ(ハン…

「7月4日に生まれて」映画感想

製作 1989年 米 監督 オリバーストーン 出演 トムクルーズ ウィレム・デフォー キーラ・セジウィック あらすじ 1946年7月4日、アメリカ独立記念日に誕生したロン・コーヴィック。 愛国心を持つ若者へと成長したロン(トムクルーズ) 高校卒業を控えたある日…

「ワンスアンドフォーエバー」映画感想

製作 2002年 米 監督 ランダル・ウォレス 出演 メルギブソン あらすじ アメリカがヴェトナム戦争に深入りするきっかけともなった1965年11月のイア・ドラン渓谷の戦い。 アメリカ軍は400名の新兵を最前線までヘリで運び、落としていくという過酷な作戦を決行…

「フルメタルジャケット」映画感想

製作 1987年 米 監督 スタンリー・キューブリック 出演 マシュー・モディーン リー・アーメイ ビンセント・ドノフリオ あらすじ ジョーカー(マシュー・モディーン)、アニマル・マザー(アダム・ボールドウィン)、<デブ>のレナード(ビンセント・ドノフリオ)、…

「天と地」映画感想

製作 1993年 米 監督 オリバーストーン 出演 ヘップ・ティー・リー トミー・リー・ジョーンズ あらすじ O・ストーンが描く、ベトナム戦争をくぐり抜けてきた実在の人物レ・リー・ヘイスリップの真実の物語。1949年、フランス領インドシナ。ベトナム中部の小…

「キネマの神様」原田マハ 読書感想

初版 2011年5月 文春文庫 あらすじ 39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、しかも多額の借金が発覚した。 ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父…

「透明なゆりかご」ドラマ感想

放送 2018年7月 NHK総合 全10話 出演 清原果耶 瀬戸康史 水川あさみ 原田美枝子 久しぶりに日本のドラマをちゃんと観ましたよ。 特に医療ものや司法ものは海外ドラマが圧倒的にうまく、どうしてもそれと比較してしまうと見劣りする日本ドラマ。昨今は見向き…

「ローマの休日」映画感想&オードリーヘプバーン作品マイベストランキング

製作 1953年米 監督 ウィリアムワイラー 出演 オードリーヘプバーン グレゴリーペック これはもう改めて語ることはないでしょう なんてことのないストーリー。とくべつ心に残るセリフがあるわけでもない。 なのに、なぜこんなにも惹きつけられるのか・・。 …

「大岩壁」笹本稜平 読書感想

初版 2019年5月 文春文庫 あらすじ 「魔の山」、ナンガ・パルバット。この山は別格だ。 ヒマラヤ、8000メートル級の山のなかで、多くの犠牲者を出し、通称「人食い山」の異名で恐れられてきた。 立原祐二、48歳。5年前に、3名のパーティで登攀に挑むも、頂上…