takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

「恋人たちの予感」映画感想

f:id:take-yutaka:20180829005738j:plain

製作 1989年

監督 ロブ・ライナー

脚本 ノーラ・エフロン

出演 メグ・ライアン

   ビリー・クリスタル

   キャリー・フィッシャー

 

あらすじ

サリーがはじめてハリーに出会ったのは、大学卒業後NYに向かうまでのドライブ。歳月が過ぎ、空港でばったり再会した2人は「何でも話せる異性の友達」というスタンスを崩さずに接し、お互いの恋人についても相談し合う仲。だが、それぞれが独り身になった時、二人の関係は微妙なバランスに……。(アマゾン商品紹介より)

 

いわゆる友達以上恋人未満のような微妙な関係の男女の話です。

余計な恋敵は出てこない。三角関係もない。

二人のやり取りに焦点を絞って、じっくり微妙な心境の変化を描いてく。

恋愛ものの数あるスタイルの中で一番好きなタイプの話です。

世間的にも、メグ・ライアン出世作として知名度は高い作品ですね。

ビリー・クリスタルにとっては本作が代表作といっても過言じゃないでしょう。

「スタンドバイミー」や「ミザリー」などの名作を手掛けた、監督ロブ・ライナー

脚本ノーラ・エフロンは後に「めぐり逢えたら」や「ユーガットメール」などの監督を務めメグライアンのラブコメ女王への道を確立した人。

そんな面々が作ったのだから面白くないわけがないでしょう。

僕にとっては今までの人生で最高の恋愛映画と思ってきました。

f:id:take-yutaka:20180829005914j:plain

しかし、数十年ぶり、久々に見返してみて、正直、あれ?・・でした。

あくまで恋愛映画ナンバーワンからは陥落だけどという意味で・・・

決してディスってるわけじゃありませんよ。

この映画の魅力を一言でいえば、主演二人のアケスケな会話にあります。

「男と女の友情は成立しない」とか

「女は誰でも1度はイク演技をしたことがある」とか

下心がないから何でも言いたいことが言える関係と豪語して

無遠慮なやり取りにケンカも絶えないのですが・・

徐々にそういう関係がかけがえのないものに思えてくるという・・

20代に見ればなかなか衝撃的でしたが・・

今観ると、そういう話題自体が古臭く感じてしまいました。

リアルな世界でもさんざん語り合い、

映画でもさんざん語られ、観てきたテーマで・・。

僕にとってはそういう話の原点的な作品ではあるけれど・・・

 

そんなわけで

ストーリーとセリフに昔感じたほどの輝きはなくなってしまいましたが

この映画は、若さ絶頂のメグライアンの容姿

あの頃、ほとんどの男が虜にされていたであろう彼女独特の表情、仕草。

ビリークリスタルのニヒルなジョーク。

さんざんまくしたてた後のふとした瞬間にみせる哀愁漂う目。

そしてラストの名セリフ

「一日の最後に・・・・君だ」

以前は気が付かなかったキャリー・フィッシャースターウォーズレイア姫)の

メグライアンの友達役。

その魅力だけでも十分です。

f:id:take-yutaka:20180829005556j:plain