takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

「ロビンとマリアン」映画感想

f:id:take-yutaka:20190311041821j:plain

製作 1976年

監督 リチャード・レスター

出演 オードリー・ヘプバーン

   ショーン・コネリー

   ロバート・ショウ

 

 

ショーンコネリーは目が綺麗なんだよな~。

この時から結構な爺さん風なんだけどおちゃめな感じで・・

出てくるだけで引き込まれますね~。

 

英雄ロビンフッド、老いぼれて故郷に帰る。

昔の恋人マリアンとまた静かに暮らすことを夢見て。

ところがマリアンは尼僧になっていて

悪徳領主にいじめられている。

ロビン、また結局農民らと共に悪徳領主と戦う

という話なんですけど

今回のオードリーはまた尼僧・・

しかし今回はライトな感じで、戒律に縛られてる静かなシスターというより

アクティブな行動力ある溌溂とした女性。

元は、ロビンフッドの恋人ですから・・。

はじめは尼僧らしくおとなしく運命を受け入れ

だまって領主に捕まろうとしてるのですが

それを強制的に阻止しようとする

ロビンに振り回されるうちに徐々に昔の感が戻ってきて

生き生きとした跳ねっ返りぶりを発揮しだします。

おお~。いつものオードリーだぁ~。

となるわけですよ~。

 

ただ、ラストがなぁ~。

いかにも古典的な感じで・・・。

あくまで僕の個人的好みですが・・

あんまり好きじゃないな・・・。

ラストだけですよ。

ラストだけが・・・。

 

悪党領主、どっかで観たことあると思ったらジョーズの船長だ。