読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

北の国から83冬

f:id:take-yutaka:20170406042745j:plain

北の国からシリーズでも特に寂しい雰囲気漂う

あの笠智衆の話ですよ。

 

───五郎がみどり(正吉の母)の借金の連帯保証人になっていたことから、700万円のの借金の肩代わりをする事なって、すったもんだの話。

この回の冒頭、家出した正吉が純たちの前に現れ、以来五郎の家にしばらく居候する事になっていた。年明け、そんな純、正吉、蛍たちの前に謎の爺さんが現れお年玉をくれる。中身は50円。

その爺さんは沢田松吉(笠智衆)。開拓時代、豆大臣と呼ばれていた伝説の人。五郎の借金の話を聞き、「ワシの山を売ればよい」と言うが、実は山も財産も何もない。松吉はボケている。

五郎がみどりの借金を背負わされた事は子供たちの耳にも入る。例によって口の軽い草太兄ちゃんによって。正吉はショックで、やさぐれ、正吉の役割、屋根の雪下ろしもせず花札で遊んでいる。そこに帰ってきた五郎はおもわず正吉につらく当たってしまい、正吉は家を飛び出す──

 

 この頃の五郎さん、時々こういう殺伐とした感情を子供に向ける事があって、シリーズ晩年のなにがあっても優しいだけの五郎さんよりずっと、いいんですよね。今回も大人たちの前ではすっかり顔を上げられず、ちじこまってばかりの五郎でしたが、そのうっぷんを正吉にぶつけるという感じ。そのくせみどり本人には「金の事なんて忘れちゃえよ」なんてかっこつけてる。

しょーもねーけどあるよね、そうゆうこと。

と、つい苦笑しながら見てしまうのでした。

 

───翌日、帰ってきた正吉は屋根の雪下ろしをして、落下し雪に生き埋めになる。幸い、一命は取りとめ、病室で眠る正吉を見守る純たち───

 

この回の名セリフ

「正吉は屋根の雪下ろしをやったんだ」

「それが、父さんを喜ばせるたった一つの事だから」

「正吉は、屋根の雪下ろしをやったんだ」

このシーン、悲しすぎるとか、暗いとかいう人も多いようだけど、別に、悲しみや不条理を描いているわけじゃないと思いますよ。

五郎に八つ当たりされ飛び出した正吉は、吹雪の中一晩外で過ごし。翌朝、帰ってきて、家の中にも入らず、誰にも気づかれず、だまって屋根の雪下ろしをしたんです。

正吉の、男気、気骨を描いてるんです。

イイ男じゃねえか、正吉。

 

───結局、借金は村の人たちが少しずつ農協から借りて工面してくれて解決。

しかし、松吉は納得いかない。

どうしてわしの山を売らない。

わしの山を売ればすむことじゃろうが。

五郎ら大人たちは、松吉の気持ちがありがたいから、「あなたボケてます」なんて言えない。

たまらず孫娘の妙子(風吹ジュン)が切り出す

「山なんてとっくに無いのよ!」

そして、北の国からファンには有名な名シーン

「ま~め~」

と、雪の上に豆をまく笠智衆───。

f:id:take-yutaka:20170406042923j:plain

このシーンもボケたジイサンの悲哀を描いているわけではないんです。

強烈な、力強い、故郷への愛。

───郷愁。

を描いているのだと思います。

ここでもっとも印象に残るのは蛍の目線。

おじいさんに対しての慈愛と尊敬に満ちた優しい目。

テレビシリーズの杵次(大友柳太郎)のときもそうだったけど、昔の威光を背負っている年寄りに対して、大人たちが、ちょっと煙たい、微妙な目線を送るのに対し、蛍は、曇りなく、尊敬と優しさに満ちた目を向ける。

おかあさん(いしだあゆみ)には冷たい態度をみせていた蛍だったのに・・・

子供だからこそ、おじいさんの人生、これまでの因縁は知らない。

純粋に故郷を思う気持ち、自然を愛する気持ち、村を、仲間を思う気持ちが、

蛍には、とても尊く、素敵に見えるのだと思う。

そして、僕にも。