takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

「マイハートマイラブ」映画感想

f:id:take-yutaka:20191119001442j:plain

製作 1999年 米

出演 ショーンコネリー

   アンジェリーナジョリー

   マデリーンストウ

   ライアンフィリップ

 

あらすじ

結婚40周年を機会に今までの人生を見つめなおす老夫婦(ショーン・コネリー&ジーナ・ローランズ)。ある秘密を抱えた男性とその恋人(ライアン・フィリップ&アンジェリーナ・ジョリー)。不倫を続ける女性と、彼女を本気で愛してしまった男性(マデリーン・ストウ&アンソニー・エドワーズ)。嘘の身の上話を語り続ける男性(デニス・クエイド)。離婚が原因で恋に臆病になってしまった女性と、そんな彼女を支えようとする男性(ジリアン・アンダーソン&ジョン・スチュワート)。エイズの末期患者で死が目前に迫った青年とその母親(ジェイ・モーア&エレン・バースティン)。

11人の男女それぞれの人生を描く。(Wikipediaより)

 

愛をテーマにした6つのエピソードが、最後に1つに結ばれるストーリー。

 

世代も状況もバラバラな面々ですが

各組共通なのがあけすけなぶっちゃけトークです。

普通、濁したり遠回しに言ったりする事を

ズバッと鋭く核心を突く会話がダレる隙を与えてくれず

引き込まれます。

それぞれのエピソードが短く切り替わりテンポもイイです。

短かいシーンでも核心をズバッとついてるから

内容が薄くないんですね。

 

例えば

死が目前に迫った青年とその母親のエピソード

青年「ゲームをしよう。言いたくても言えなかったことを告白するゲームだ」

  中略

母親「愛してなかったの。父さんを」

青年「最初から強烈だな。なんで結婚したの?」

母親「(苦笑)母が言ったわ。彼と結婚しなさい。葬儀屋さんは失業しない。

 人は必ず死ぬから」

青年「・・・」

  とか

f:id:take-yutaka:20191119001619j:plain

何十年も昔の浮気を追求されたショーンコネリーは

「愛が深かったから寝なかった。迷ったけど君を選んだんだ。

愚かな話だが、人を愛したことで君への愛が深まった」

とか

まあ、みんな、ずけずけ、ぬけぬけと、語る語る。

語ること自体を野暮だと言ってしまえばみもふたもないけど

その内容は深いところにズバリ切り込んでいて

部分部分では賛否はあるだろうけれど、それがまた面白く

じんわりと心にしみるんです。

f:id:take-yutaka:20191119001720j:plain

そして何と言ってもこの作品では最若手の

アンジーがイイんですよ。

表面的にはいつものタフウーマンなんだけど心はチョー乙女なのが

かわいくて・・。

こんなアンジーはこの作品でしか見られないんじゃないかな・・。

「彼は言ったわ。愛を語るのは建築を踊るのと一緒だと」

「哲学するとどんな話も無意味」

「たぶんそうかも」

「でも私は懲りない」

 

まあ、本作のテーマとして伝わってくるのは

野暮でも無意味でも大事なことはちゃんと声に出して話そうよ

という事でしょう。

 

最後どう収束するかはさすがに言いませんよ。

収束重視する人には評価低くなるかも・・

中盤あたりでだいたい読めてくるから・・。

僕はどう収束するかというところはあまり興味なく

だからオムニバスあまり好きじゃないのですが

しかし本作は

しっかりと人間が描かれているところがイイのです。

各世代にわたる愛の話と死の話。

f:id:take-yutaka:20191119001842j:plain