takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

レインツリーの国  有川浩

f:id:take-yutaka:20170802014254j:plain

はじめて読む作家さんです。

女性作家さんだったのですね・・・・。

 

率直な感想は「なるほど最近のトレンド作家さんだな」

僕が思う「最近のトレンド」とは

主人公の「成長」が描かれていること。

しかし実は僕、この「成長」タイプの話、あまり好きじゃないんです。

主人公の「成長」が描かれるということはつまり、序盤から中盤にかけては

主人公は弱点、欠点、未熟要素を抱えてるわけです。

そういう主人公が後半にどう変化成長していくかが描かれるわけですけど・・

僕の自論では

 

「人間は生まれた時にすでにおおよその人格は出来上がっている」

 

のです。

もちろん100%完成しているとは言いません

技術的な事、スキル的な事は、生まれたときとは比べようもなく「成長」しますし

人間関係や、コミニケーション力などもそうですが

 

「本質的な人格は、人間性の根本はそう変わらない」

 

と思うのです。

この本質的な部分で大きな欠落がある人は、後でどうあがいても結局変わりはしない。

と思ってしまうのです。

 

そういうわけで、ドラマや映画、小説の主人公は

「カッコいい、こんな人になりたいと思える存在」

タイプの話のほうが僕は好みなんです。

少々の欠落はあってもいいのですが、あるボーダーラインを越えて欠落したらもう

後からどんなにフォローをされようがその人を一生信用できない

レッドカードがあるんです。

この話の主人公伸行には少なくとも3枚のレッドカードを渡しましたよ、僕は。

1枚目はエレベーターのシーンでの言葉。

重要なネタばれになるのであえて細かいことは書きませんが

読んだ人なら分かるのじゃないでしょうか

ある意味度肝を抜かれた言葉です。

僕にはあんな発想ありませんから

「ええ!!何のこと言ってんの」

と3回ぐらい読み返してようやく言葉の意味は理解しましたが

あそこであれを言う気持ちは到底理解できませんでした。

後で、ひとみさんを突き飛ばしたカップルを

ひとみさんが「ああいう人たちは、宇宙人か何かで、同じ人間とは思わないことにしてるの」

と言いますが

僕にはこの時の伸行が「同じ人間」とは思えませんでした。

2枚目は「とことんケンカしようや」発言

これは男としては気持は分からなくもありませんが

僕も若いころはこういう事言ったり、今だ例えばこういうSNS上でも

「もっと突っ込んで熱いバトルしようや」と思う事もありますんで

これはイエローぐらいでもいいとも思いますが

女性に対しては禁句でしょ。女性の方どうです?

ひとみさんの立場考えればレッドでしょう?・・・と思うのですが。

3枚目はこれが一番許せませんが、親とのトラウマの話をかぶせたことろ

人間が小さすぎる。

後で反省し「俺も20代半ばの若ぞうやから」と言い訳してたけど

年齢は関係ありません。

若くてもこんな事言わない人は言わないし、言う人は40歳になっても50歳になっても言うのでしょう。

ケンカして、分が悪くなった時の切り札として、こういう人は一生この事を言い続けると思いますよ。

そんな訳で、僕の中ではとっくに切り捨てていた伸行を見捨てずにいた、ひとみさんは本当にかわいらしいですね。作中の伸行も言ってましたが。

そしてなによりも、こういう男の主人公に、愛情を持って描いているのが女性作家さんというところも僕の中では驚きでした。

結局、あえて男性をターゲットにした男性向けのファンタジーなのかな・・

 

有川さんファンの方、気を悪くされたら申し訳ありません。

僕の個人的好みと感想ですので、お許しください。

 

場違いなおじさんが勝手に紛れ込んでブチブチ文句言ってしまいました。

 

ひとつ良かったところは

「フェアリーゲーム」の主人公と信行とひとみの現実が最後リンクしたところは

なるほど「うまい!」と思いました。

 

同時に「空の中」購入したのでそれ読んでからこの作家さんの評価は考えます。

 

 

余談ですが

僕が中学生から高校生にかけての頃

シティーハンター」と「タッチ」

漫画単行本全巻揃え、何度も読み返すほど好きでした。

この2作品の主人公は最初からキャラほとんど変わらないんです

冴羽寮も上杉達也も初めから最後まで「包容力」があるんです。そこが好きでした。

女性に対して、決して、自分にどんなに余裕がなくても、声を荒げて攻め立てるようなことはしません。こんな男になりたいと思春期の僕の目標でした。

昔はああいう主人公が多かったと思います。「ルパン」もそうですけど。

 

やはり「エヴァンゲリオン」あたりからですか、

弱い主人公が「成長」する話がもてはやされだしてきたのは。

エヴァンゲリオン」は全くハマりませんでした

あの主人公のうじうじした感じが嫌いでイライラし途中挫折

シティーハンター」を好きになるか「エヴァンゲリオン」が好きになるか。

それはそれこそ生まれつき決まっている人それぞれの好みなんでしょう。