takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

映画「17歳のエンディングノート」感想~正面から死と向き合うファニングに圧巻~

f:id:take-yutaka:20171228052218j:plain

公開 2012年 英

出演 ダコタ・ファニング ジェレミーアーバイン

 

白血病と医者に宣告された17歳の少女テッサ(ダゴタ・ファニング)は、

残された時間を人間らしく生きる「尊厳死」を選択し、あらゆる治療法を止め、

「セックスをする」「ドラッグをやる」「法律を破る」と死ぬまでにしたい【TO DO リスト】を作り上げ、友人のゾーイと共にそれを実行していく。
娘の奇行になすすべなく困惑する父親。

現実を受け止められず娘の看病すらできない母親。

「お姉ちゃんが死んだら旅行に行こうよ」と無邪気な弟。

そんな家族をよそに、一見、気丈に振舞っているテッサだが、

心の中は絶望と死への恐怖が支配していた。
そして、テッサの前にひとりの青年アダムが現れる。

 

ようするに

白血病の主人公が、死ぬまでにしたいことリストを作って実行し、恋をして、精いっぱい生きる話で、まあありふれた「病気お約束もの」です。

「スイートノベンバー」「死ぬまでにしたい10の事」「最高の人生の見つけ方

セカチュー」「ノッキン・オン・ヘブンズドア」「僕とアールと彼女のさよなら」

類似作、多数思いつきますが

そんな中で、とりわけ僕の心に残っているのがこの作品です。

 

本作が他の類似作と一線画すのは、

冒頭から化学療法も放射線治療も諦め、(ふつう治療方針をめぐる周囲の人との葛藤がクライマックスになるのですが)家族も本人も死を受け入れ、かなりの終末期に入っているところです。

それをまだ僕のイメージの中では「アイアムサム」の印象が色濃く残るあの

ダコタ・ファニングちゃんが演じているのが驚きです。

「あら大きくなったね」と思ったら、17歳にして不治の病を受け入れ

死と向き合う役どころですから、かなりインパクトありました。

冒頭から、かなりリアルに治療シーンが描かれ、まさに闘病している姿はなかなか衝撃的です。

こういう病気の話はラストは死ぬにしても

前半から中盤にかけては楽し気に、気丈にふるまい、死を感じさせない描き方をするのが一般的ですが。

この作品の主人公テッサは

口では死を受け入れているようなことを言っていますが、

本当は怖くてつらいのに、必死に死を受け入れようと暗闇の中でもがいている

悲壮感をあえて隠さずに描いています。

冒頭から終始、かなりリアルに死と正面から向き合っているんです。

決して楽しい映画ではありません。

 

ストーリーはなんの変哲もありません。

興ざめするようなシーンも少々あります。

特にアダムが町中にテッサの名前をペインティングで落書きするところ。

病院から帰ってきたテッサ達は車の中から観て「わ~」と感動していたようで、

監督の意図としても、お涙誘ってるシーンのようですが

僕は「おいおい、そりゃあダメだろ」と冷めた目で突っ込んでしまいました。

f:id:take-yutaka:20171228052401j:plain

しかしアダムもまた辛く、暗闇の中でもがいているのかと思えば、情状酌量の余地はありますが。

 

とにかくこの作品はダコタ・ファニング演じるテッサが死と向き会う姿を

かなりリアルに描いているところが心に響きます。

 

僕も40代半ばになり、近親者の死もいくつか乗り越えてきました。

自分自身の死について、切実に考える事も多くなりました。

本当に自分に「その時」が来たら、

果たしてこの物語のテッサのように向き合えるだろうか・・・

17歳の少女にできるんだから、自分も負けちゃあいられない・・

と、へんな勇気をもらいました。

 

 

もっとも印象深いのが最期の看護師との会話です。

「この後どうなるの?」

と、終末期の症状と死に至る過程の説明を聞くシーン

看護師も看護師でなんの希望的余地もはさまず

死に至るまでの過程の症状を淡々と語ります。

テッサはそれを冷静に聞きます。

ただ、そのあとしばらくたって一人になったときに・・・

f:id:take-yutaka:20171228052558j:plain