takeの感想文マガジン

映画・ドラマ・アニメ・読書・の感想・レビューを綴るブログです

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

f:id:take-yutaka:20180811020020j:plain

製作 2015年 米

監督 ジェイ・ローチ

出演 ブライアン・クランストン

   ダイアン・レイン

   ヘレン・ミレン

   エル・ファニング

 

あらすじ

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリカ。
その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。
やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリアを絶たれた彼には仕事がなかった。
しかし友人にこっそり脚本を託した『ローマの休日』に続き、偽名で書いた別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、再起への道を力強く歩みだすのだった……。

(アマゾン商品紹介より)

 

実話を基に

ハリウッドの脚本家ダルトン・トランボの半生をドキュメンタリータッチに描いた映画です。

ダイジェスト感が強く、エンターテーメント映画としては面白くない作りですが

50年代当時のアメリカの時代背景。

赤狩り」と呼ばれる下院非米活動委員会による共産主義者とそのシンパの弾圧。

彼らの雇用主である映画会社が製作したブラックリスト

復権と引き換えに要求された密告。

そんなことがあったのか・・

と、ほとんど知らなかった僕のような人にはドキュメンタリーと思って観れば、

なかなか興味深いです。

詳しく知ってる人にとっては史実をなぞってるだけでつまらないと感じるかもしれませんが。

 

この映画で特に良かったのは弾圧に対しての戦い方です。

前半は、裁判で、正面から戦います。

しかし、「法廷侮辱罪」などという理不尽な罪で収監され・・。

出所後、後半は、筆で(タイプライターで)戦います。

業界は干されたままですから、名前を捨て、プライドを捨て、

裏に隠れ、安いギャラで大量の大衆作品を描き、

その中に信念をこっそりとちりばめるというやり方で・・。

この戦い方がすばらしいです。

f:id:take-yutaka:20180811020150j:plain

 

価値観の違う人に、自分の価値観をわかってもらうのは簡単ではありません。

ましてや、マイノリティーな価値観を変えたいと、時代を変えたいと思うとき。

ただ声を大にして主張しても反発されるものです。

映画でもそうです。

いかに高尚なテーマがあろうが、主人公がセリフでストレートに叫んでしまうのは

駄作というものです。

それではなかなかみんな聞いてくれません。

やっぱり言い方、戦い方が大事なんですね。

 

最近「未来を花束にして」という映画も見ましたが

あれは戦い方がへたくそだなぁ~と思ってしまいましたけど。

トランボにはもともと脚本の才能があったのが大きな違いですけど・・。

あと、家族の協力があったことも・・。

男としての考え方、生き方に賛否はあるだろうけど、

公然と家族を巻き込んで家族全員で戦ったトランボのやりかた。

僕は支持します。

f:id:take-yutaka:20180811020235j:plain

 

エンドロールで流れた実際のトランボの言葉。

「うちの娘は3歳の時から、・・・・・」

一番、泣けました。

f:id:take-yutaka:20180811020259j:plain